2009.05.08 19:23

エルコンドルパサー顕彰馬選考でJRAをぶった斬る!

ちなみに気になるニュースが届いた

エルコンドルパサー顕彰馬選出ならず

日本中央競馬会(JRA)は8日、2009年度の顕彰馬選考記者投票結果を発表し、エルコンドルパサーが最多の132票を獲得したが、選考基準である投票者数の4分の3以上(148票)に届かず、選出されなかった。

……


この顕彰馬選考
武虎は前々から思うことがある(-。-)y-゜゜゜


独断と偏見に満ちた意見でJRAに一言物申す!


……


この顕彰馬選考に関して
その選考基準が云々言われたりしたが

“お馬さん”の選考基準よりも


……


“選ぶ人”の選考基準を、まずはもっと真剣に考えるべきじゃねぇーーか!



選考委員が競馬記者?????


……


ヾ(;゚曲゚)ノ どうゆうこっちゃこりぁ!!!


武虎は、競馬記者ってのは


馬やレースを見る目に長けているわけで決してなく
馬やレースの情報を
伝えることのプロなわけで


顕彰馬選考という一頭の馬の評価を下すお仕事には、とーーっても不向きだろう


もちろん選考委員全員が全員
馬体やレースを正当に評価できる人物にする必要はない

色々な価値観のある不特定多数の人間に
評価されてこそ!という意味合いも必要だろう



俺らと変わらない、いや俺ら以上に“競馬の見る目”がない、ズブのど素人さんである“競馬記者”だけ!ってのは

いただけないね(-。-)y-゜゜゜


確かに、ごくごく一部の競馬記者の方は
仕事柄、一般のファンよりも競馬に接する機会が多いことを誉とし
素晴らしい相馬眼や理論を築き上げている人もいるだろう

が、いくらひいき目に見えても
多くの“競馬記者”の輩は

一般のファンなどよりも
仕事で競馬に関わっている!という意識が逆効果となり

結果、何十年と競馬に関わっているのに、肝心の馬体すら見ることができない

間違い君ばかりじゃねーかぁーーーーッ!


よく理論やレースについてうんちくを散々垂れるくせに

「……でも馬体だけはねぇ、見れないんですよね(^_-)」

なんて平気でほざいている人間を多く見かけるが
(ほざかなくても、的外れな馬体の見方をする輩も同じ)


考えても見ろ、例えば
「私はねぇ、料理評論家として何十年もの間、料理を食べてその道を極めんとしたプロです!

これだけは言えます。料理とは愛情、まさに……こころだ!と。

ちなみに……私はこれまでの人生で、ただの一度も料理したことはないですがネ^^;。」

そんな本末転倒な輩たちに、こんな重要なポストを与えてはダメだ!!!


“記者投票”よりも
いっそ宝塚記念や有馬記念の“ファン投票”のように

一般のファンに選考をゆだねた方が、大数の法則からもファンも納得するのではないか?



以上、NHKマイルカップの馬体診断の前に、『競馬ブログのおそろしい真実』についてウンチク垂れようと思ったが、めんどくさくなったので、やめにした(-。-)y-゜゜゜


今週の特注馬候補はこちらの日記にて
↓↓↓
競馬ブログ・ランキング

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー