2009.06.03 19:46

POGペーパーオーナーゲーム2009 馬体診断(2)

週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』と、その付録DVDで紹介されている約800頭の2歳馬の中から、武虎が気になった2歳馬を随時ピックアップ!して馬体診断。

POG2歳馬情報 2009

とりあえず最初に、週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』の表紙を飾っている話題の一頭をピックアップ

シャガール

血統
父ネオユニヴァース
母スカーレットブーケ(母父ノーザンテースト)
美浦・藤沢和雄厩舎 兄姉/ダイワメジャー、ダイワスカーレット
 POG特集の表紙を飾るにふさわしい血統馬だ。馬体はまず、横から見る顔付きが凛々しく、全体のバランスもこの時期としては申し分ない。四肢の骨量も豊かでバランスもよく、球節もしっかりしており、これからしっかりと調教を積めるだろう。トモと飛節の間の下腿骨付近にも力強さがあり、瞬発力を生む下地も十分。
 とにかくこの兄姉と同じで抜群の馬っぷりであるが、一点だけ少し首差しの伸びという点で、この時期にしては力強さが十分すぎる印象。兄ダイワメジャー姉ダイワスカーレットともに、首差しは力強さだけでなく、しなやかさが同居していた。それが両馬の走る上での先行馬としての抜群の推進力の源となっていたように思うが、その点でシャガールは少し窮屈な印象だ。ただ姉ダイワスカーレットの馬体が抜群すぎただけに、それと比較するのは少しかわいそうか……。

 まぁ粗さがし的な指摘なのは否めないが、武虎のへなちょこ相馬眼としては、『この時期の2歳馬の馬体を見る上で、多少筋肉がなく貧弱に映っても伸びがある馬の方が先々変わってきて楽しみがある』、と思っているので、その点では少し割引きだ。


ネオダンディズム

血統
父ネオユニヴァース
母ステファニーズホープ(母父JavaGold)
美浦・的場均厩舎 兄姉/イシノライガー
 今回の週刊ギャロップのPOG特集でパラパラをページをめくって最初に目についた一頭。同馬もネオユニヴァース産駒で意外性がないが、目についたのだからしょうがない。
 馬体は、首差しから肩、腰までラインもキレイでトモの大きさ張りともに抜群。胸前はそれほどでもないが、前腕周辺にはしっかりと筋肉が付いており、腹構えもどっしりしている。少し立ち気味の繋ぎや飛節の角度からも、抜群の瞬発力の持ち主!とはいかないかもしれないが、2歳馬離れした筋肉の付き具合などからも、仕上がりの良さでPOG向きと言えるだろう。単なる早熟ではない雰囲気もあり、うまくいけばクラシックも楽しめそうだ。


トゥエルフスナイト

血統
父キングカメハメハ
母シーザリオ(母父スペシャルウィーク)
栗東・角居勝彦厩舎 近親/イブキウッドマン
 近年ダイワスカーレットと並び、抜群の馬体を誇った牝馬のシーザリオの初子ということで注目してみた。顔つきもなかなかハンサムで、母譲りのしなやかな首差しが特徴的だ。背中のラインにも窮屈な感じはなく、トモも斜めで下付きに映り、飛節も直飛に近く瞬発力の下地はある。
 が、四肢や球節の骨量が乏しく映り、繋ぎも短く立ち気味と馬体の地盤に不満がある。全体的な肉付きもまだまだで、現状ではこれからビシビシ鍛えられるようには見えない。まだまだ背丈も伸びそうで、変わってきそうだが、クラシックに乗せる仕上げができるのか!?、POG向きか!?と言われれば、武虎にはそうは見えない。



以上、また暇があればピックアップしていこうと思う(-。-)y-゜゜゜

 武虎おすすめ!POG2歳馬情報<もうすぐ消します>3頭馬名公開中→ブログセンター 人気ブログランキングへ ブログランキング



“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。