2009.09.12 23:30

スリープレスナイト鉄板!?セントウルS馬体診断予想

『競馬も女も人生も向き合うスタンスは同じ!』を志す武虎です(-。-)y-゜゜゜

明日はスプリンターズSの前哨戦であるセントウルS、マイルCSにむけての京王杯オータムハンデと古馬重賞が2つ行われる

そのうち、開幕週の馬場で行われる電撃スプリントレースのセントウルSについて
馬体診断予想の前に阪神競馬場芝1200mのポイントを簡単に述べておく

セントウルS芝1200m……開幕週の高速馬場で、右内回り、急坂、直線356m。スタード後1コーナーまで約300m

-ポイント-
・開幕週馬場なおかつスプリント戦のためハイペースとなりやすい
なかなか前が止まらない
内枠断然有利

開幕週の電撃スプリント戦でハイペース必至だが、G1前哨戦の位置づけでメンバーも揃うことから、前後半のラップ格差が少なく、前は簡単に止まらない。4コーナー入口のバンク角が鋭く、外を回るとかなりの距離損。


このことから、セントウルSに求められる武虎のイメージはズバリ

小手先の瞬発力より横綱相撲の先行力


ではセントウルSの馬体診断予想を
※今回は馬体パーツ解説を省き短評のみ

セントウルS G2芝1200m 馬体診断予想

アルティマトゥーレ

>>アルティマトゥーレ馬体写真
 以前に一度馬体を見ているが、そのときトモの形が素晴らしく印象に残った馬。馬体は、縦に幅広い首差し、肩は立ち気味に映るが胸前周辺に硬さがなく広い。前駒はフジキセキ産駒の特徴があるも、明らかに後駒はトニービンの血だろう。
 そのトモの形は、幅は標準も飛節上部まで筋肉がしっかりと付いており、武虎がいつもいう“下付きのトモ”そのもの。ただ“下付き”だから東京・京都向きか!と言えばそうでもなく、飛節自体は直飛とこのあたりはトニービンの血らしくなく“器用さ”も垣間見える。またトモ高で前傾姿勢なところからも“ピッチ走法”が想像できる反面、筋肉の付き方が“プリプリ”といった感じでなく“ペタペタ”なので、いかにもパワータイプの短距離馬ではなく、短距離での瞬発力で勝負するタイプと馬体に偏りが見られない。
 つまり阪神・中山もこなせる東京・京都ベターの馬で、『いい意味でスプリンターらしからぬスプリンター』だろう。馬体からは今後重賞を勝つチャンスはあるだろう。

 ただこのメンバーで阪神芝1200mのパワースプリント戦は、開幕週の絶好馬場という条件がほしい。内枠だったら勝ち負け可能だが大外枠では狙いづらい。天候悪化すれば割引きで、後距離適性はマイルがギリギリか。


カノヤザクラ

>>カノヤザクラ馬体写真
 牝馬ながら骨量豊富な馬体。昨年はかなり狙った馬だが、今年は実績は残しているが少し毛ヅヤが今一つ。このレースを勝ってはいるが、飛節の形など馬体から東京・京都がよりベター。同厩舎のスリープレスナイトと比べ、こちらはさらに長くいい脚を使う印象だが、骨量豊富な大ぶりな馬体から“器用さ”で劣る。スリープレスナイトを逆転するには、今回のパワースプリント勝負の競馬場より、スピードスプリントの条件がベターではないか。


サンダルフォン

>>サンダルフォン馬体写真
 サクラバクシンオー産駒という血統などのイメージとは裏腹に、いかにもスプリンターといった筋肉隆々で窮屈なところがない。余分な脂肪も少なく仕上がりは良さそう。クラスやコース、距離などに融通性が高そうで、常に一発警戒すべき馬体だ。


スズカコーズウェイ

>>スズカコーズウェイ馬体写真
 安田記念の折にも評価した馬で、欠点が少ない。ただ少し胸前の筋肉量などいかにもスプリンターといったパワーを感じないので、軸には差し馬だけに狙いづらい。


スリープレスナイト

>>スリープレスナイト馬体写真
 強靭な首差しや前傾姿勢のバランスなど随所にスプリンターの良さをのぞかせる。前後のバランスも良く、飛節などからも“器用さ”がうかがえる。つなぎの角度や筋肉量からもマイル戦なら自信をもって消せるが、ダートも走りそうとパワースプリント戦での大崩れは考えにくい。このレースに求められるであろう“横綱相撲の先行力”も文句なし備えている。

ソルジャーズソング

>>ソルジャーズソング馬体写真
 強靭な首差しと分厚い胸前が特徴的。重心が低く水平な馬体のラインから、前半から動けるタイプではなく、背中のゆるいラインからも“器用さ”は感じない。土台のしっかりした造りから、どんな相手・レースでも堅実に差してこれそうだが、先行馬有利のこのレースで、差し切れるほどの軽さはない。


マルカフェニックス

>>マルカフェニックス馬体写真
 ダンスインザダーク産駒!?というのが驚きのパワフルさ。ただ後肢のトモや飛節から、長くいい脚は使えないタイプだろう。腹回りも大きく馬体全体が重たい印象。このメンバーでは、差してこれるだけのスピードの絶対値が足りないのではないか。コースは向くも、良馬場の開幕週も割引きで、1200mより1400m向きのイメージだ。


ローレルゲレイロ

>>ローレルゲレイロ馬体写真
 つねに抜群の毛ヅヤと筋肉のメリハリを誇る馬と記憶しているが、毛ヅヤはまずまずも筋肉の張りが今一つ。前傾姿勢でピッチ走法がうかがい知れ、スタートダッシュの速さの裏付けもあるが、筋肉の付き方が“プリプリ”といった感じでなく“ペタペタ”なので、いかにもパワーでガンガン先行するスプリンターでなく、瞬発力をスタートダッシュに活かせる先行馬といったイメージ。G1馬なので力は当然認めるし、休み明けでも走れる出来と見えるが、好走するには開幕週の絶好馬場が必須。ただやはり勝ち切るほどレース適正が高くなく、さらに馬場が渋れば割引きが必要。


セントウルS 馬体診断予想のまとめ

 スプリントG1馬のスリープレスナイトローレルゲレイロの馬体比較では、前者はパワースプリント向きで後者はスピードスプリント戦向き。ただスリープレスナイトは、スピードスプリントの要素が求められるレースでも常に大崩れなく、また休み明けでも走れる。さらに今回阪神1200mはパワースプリント向きの舞台で……とにかくスリープレスナイトを消す材料が馬体からは見当たらない。唯一開幕週というスピードスプリントの要素も、天候でのぞめないかもしれない。

 週明けから注目馬として挙げていたブログランキングも、好走の条件とみていた好枠が当たらず、しかも開幕週の馬場という条件も望めないかもしれず、特注馬足り得ない。


以上、セントウルSは馬体G1級のあの馬もいないし、単勝や複勝といった“男買い”として“馬券的にうま味”が見出せず、武虎は3連単複などの多点数女買いで遊ぶ予定

一応
・3連単の大穴に1枠アイルラヴァゲインと、馬体から柔軟性が高い人気ブログランキングへあたり
・セントウルSの全買い目はウマニティで日曜に公開予定

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー
競馬予想:第23回 セントウルステークス(G2)
【ブログ名】My Sweet KEIBA/【TB日時】2009-09-13 00:46
【記事概要】セントウルSの本命は◎スリープレスナイト。牝馬で57キロを背負いますが、馬格のある馬ですし、そこは大丈夫じゃないかと思います。高松宮記念ではローレルゲレイロに負けはしたものの、長期休養明けで、よく食い..
セントウルステークス 最終予想 ◎8スリープレスナイト
【ブログ名】わがまま♪新馬券生活!!/【TB日時】2009-09-13 01:09
【記事概要】阪神10R セントウルステークス GU まずは金曜日の検証の結果からおさらいしたい……。 残った有力馬は……?
セントウルS/京成杯AH予想
【ブログ名】浪花のクマさん 穴馬券/【TB日時】2009-09-13 10:23
【記事概要】同厩舎対決・・今回はカノヤが・・
セントウルSの予想
【ブログ名】競馬好きオヤジ 競馬日記/【TB日時】2009-09-13 14:31
【記事概要】セントウルSの印を打ってみる。◎ 5番ローレルゲレイロ(藤田)○ 6番カノヤザクラ(小牧)▲ 8番スリープレスナイト(上村)△ 3番ソルジャーズソング(安藤勝)×12番マルカフェニックス(福永)◎は阪..