2010.09.11 14:09

京成杯オータムハンデでふと思う…予想とレース結果の因果関係

「馬券の沙汰は馬次第」と考える武虎です


馬体・パドックランキングに参加中
1日1クリックありがとう
競馬ブログランキング


中山芝1600mで行われる「京成杯オータムハンデキャップ」の馬体診断予想…その前に、「最近メッキリ堅くなり、砕けた記事が少なくなったので、たまにはコラム的なことも書いてほしい」といった読者さんからのメールも頂いたことで、丁度京成杯AHということで、勝手気ままにギャンブル的なネタを少し。


京成杯AHの馬体診断予想の結論は、本日晩配信予定のメルマガにて
>メルマガPC登録はこちら
>メルマガ携帯登録はこちら


京成杯オータムハンデでふと思う“予想とレース結果の因果関係”

京成杯オータムハンデキャップといえば、昨年のヒカルオオゾラを思い出す。ご存じヒカルオオゾラは、ブログで再三G1級の馬体評価をしてきた馬で、昨年は同レース登録の段階で、「馬体から決して適性合わないどころか、レースを使うだけでも歯車が狂う」、とみた一戦。結果として嫌な予感通りになってしまった。今ヒカルオオゾラはどうしているのか。しかし今見ても惚れ惚れする馬体。>ヒカルオオゾラの惚れ惚れする馬体-競馬ブックフォトパドックより


こうした嫌な予感と同時に、いい予感も競馬をやっていれば、よく経験するだろう。例えば、狙った穴馬の買い目などが、自分の誕生日だったりすると、人は「これは何かあるんじゃないか…いやこれは何かあるに違いない!」、などと妄想を抱いてしまったり…。サイン馬券などは特にそうだが、こうした妄想も競馬の楽しみ。


ただ、こうした競馬ファン一個人が抱く“いい予感や悪い予感”がイコール、“意外とよくある競馬の真実”みたいな見方は非常に危険だ。これはインサイダー情報などで、こうしたレース結果に対しての予見できる、などといった煽りがよくある。が、これはあくまで宣伝文句であり、それを本当に“競馬の真実”と信じてしまうのは、信じる側もあまりにも傲慢で未熟としか言いようがない。


「ヒカルオオゾラを馬体からいかに適性がない」、と見抜いても、それはあくまで外野からの妄想の域を出ない。それを忘れないようにしている。この場合、競馬の真実とはヒカルオオゾラ自身や、ヒカルオオゾラ陣営にしかわからないモノだからだ。同様に、競馬ファンが抱く様々なレースへの妄想やサイン馬券、それら全ての予想理論は、レース結果を予見したり、レースを正確に分析することなどありえない。予想はどこまでいっても予想でしかない。…なぜなら


競馬では
全ての予想は、レース自体に何の労力も支払っていない


レース中のあらゆることに対して、労力を支払っているのは馬と騎手だ。当たり前だが、『馬が身体を張って懸命に走り、騎手が汗をかき操るからこそ、レース結果が生まれる』わけだ。


つまり
あらゆるデータを駆使して予想しようとも、インサイダー情報を身銭を切ってかき集めようとも、せっせせっせと競馬新聞に向かって徹夜で予想しようとも、汗水垂らして得たお金を馬券に投じようとも……
それら競馬ファン全ての労力は、レース自体には、米粒一つたりとも労力を支払ってはいない。だからこそレース結果はありのまま受け入れる。レース結果を色々考えても、競馬一ファンや予想理論が、競馬の真実その答えを見つけられるなどと傲慢になってはならない。。レース結果からわかることは、あくまで予想の予想といった、どこまでいっても予想の延長なわけだ。


ただ、この『自らの予想がレースに対して、何の労力も支払っていない』ことは、当たり前だが本当に自覚することは難しい。人はレース分析や考察で真実に近づけると、予想を予想の域から脱しようと懸命になる時期が必ずある。私自身も、昔は今ほどレース前傲慢ではなかったが、レース後は今と比較にならないくらい傲慢な考え方だった(苦笑


ただ、こうした考え方のままでは、ギャンブルではいいカモになりかねない。ギャンブルでは、結果の真実に近づけることなど、永遠にありえないわけだから、競馬でも、『レース前に自らの予想から傲慢に決めつけ、レース結果はありのまま受け入れる』、ことが重要となってくる。


『何が起こったのか?』そのあらゆる可能性を、レース結果から考察する暇があれば、結果の真実などわからないとして、確率を絞り、レース前にこれでもかと決めつけられるロジックやデータの体系化こそが、重要と言える。


ということで、要するに


ギャンブルでは、予想と結果は
全く交わらない水と油のようなモノ



以上、最近多忙で毎回馬体診断のみの形式的な記事ばかりと、久々思うことを書いてみた。しかし、ヒカルオオゾラから一年たったとは、月日の経つのは本当に早いモノだ。 

ヒカルオオゾラと正反対な適性の一頭⇒人気ブログランキングへ


ヒカルオオゾラ京成杯AH関連記事
>仰天!大物中長距離砲ヒカルオオゾラが京王杯AHに登録だぁ!?
>馬体超抜ヒカルオオゾラが勝っても微妙!京王杯AH 馬体診断予想
>ヒカルオオゾラ必然の惨敗! 京王杯AH レース結果・回顧



“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(1)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー
京成杯オータムH : 過去の傾向
【ブログ名】競馬予想は展開予想 ⇒ 流れを考える馬券術/【TB日時】2010-09-11 15:59
【記事概要】●過去3年の分析データを掲載します。 ◆各データは、 ・上が1着〜3着馬のその時点での実績を集計した分析データ ・下の左側が、近5走内の
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。