2011.10.02 01:59

スプリンターズS他-期待値Dダウン公開〜期待値がわからない方へお知らせ

競馬予想と競馬ギャンブルとは、似て非なるものだと考える武虎です


立ち読みならぬ、素通り厳禁!1クリックありがとう
競馬ブログランキング
人気ブログランキング


メルマガの文量の関係もあり、久々ブログで期待値Dダウンを公開

日曜の期待値Dダウン

▽先週のD結果
【日】中山10R 茨城新聞杯 1200m ダート
スノードラゴン 5着/1番人気

【日】阪神11R 神戸新聞杯 2400m 芝
ウインバリアシオン 2着/2番人気
▽今週のD候補
【日】中山11R スプリンターズS 1200m 芝
ラッキーナイン

【日】札幌11R ライラック賞2000m 芝
メジロジェニファー、イグゼキュティヴ

期待値Dダウンの実績(※メルマガ公開分)

【 該当数 】100頭 (2010/08〜2011/06)
【平均人気】2.4番人気
【 勝 率 】11.0%
【 複勝率 】35.0%
【単回収率】44.0%
【複回収率】63.3%

期待値Dダウンの注意点

・本命◎が【期待値D】に該当する場合、レース単位の見送りを推奨(※当日4番人気以内が条件)
・本命◎が頻繁に【期待値D】に該当する場合、ギャンブルで負けるべくして負ける、“負のスパイラル”にハマっている可能性が高く要注意。


ラッキーナインは期待値Dダウンだが…

スプリンターズSでは、ラッキーナイン期待値Dダウンに該当する可能性が高い。そのため、同馬を本命◎に予想することは、ギャンブル的にNG。

しかしながら、実は今回のラッキーナイン、期待値Dダウン馬のなかでも、“レア”ケースであり、「買いタイミングは悪いが、値ごろはいい」といった馬券となる。つまり、原則「買いNG」である期待値Dダウン馬のなかでも、数少ない「買ってもいい」券種が存在するケース…と小難しい話になりそうなので、できるだけわかりやすく言うと

ラッキーナインを今回初めて本命◎とする“予想”は、
負けるべくして負けるプレイヤー心理そのものだが

同馬の単勝を買う“賭け”そのものは、
期待値の数値自体は高く、あり!



以上、あくまで競馬を楽しむ、予想する人向けの話ではなく、競馬をギャンブルとして年間回収率100%超えなど、勝ち負けを意識する人向けの話ではそうだ、という意味です。

一応、期待値Dダウンとは別に、上位人気馬の厳密な期待値の高低と、レース全体のオッズトレンド(売れ状態)を確認しておこう。

スプリンターズS上位人気馬の期待値の高低

1番人気 ロケットマン 1.7倍 人気ブログランキングへ(低い)
2番人気 ダッシャーゴーゴー 5.7倍 (普通〜高め)
3番人気 カレンチャン 10.2倍 ブログランキング(高い)
4番人気 ラッキーナイン 13.6倍 (高い)

スプリンターズSのオッズトレンド(傾向)

上位人気の単勝期待値から、オッズトレンドも1強構図が見てとれる。また、おそらく単式では、単勝より複勝全般の期待値が低いだろう。他では、ロケットマン1着固定の連式も、期待値が低いだろう。

以上から、スプリンターズSの期待値が高め(お買い得な)券種は、{単勝全般、連複、ワイド}あたりに多いことが予想される。


期待値はわからなくて当たり前

期待値Dダウン以前に、そのベースである“期待値そのもの”について、「今ひとつ、わからない」といった質問を読者さんから頂くことが多い。が、これは結論から言うと、「期待値はわからなくて当然」と言える。

なぜなら、この“期待値”、ありとあらゆる競馬書籍やネット上の情報において、私の知る限りでは、きちんと解説できているモノは、今の今までただの一つも見たことが無いからだ。厳密には、競馬に落とし込んだ期待値の解説が皆無。

そのため、当ブログやメルマガでも、意識的にガッツリと解説はしてこなかったのですが、今年年末までには、この期待値そのものについて、きちんと解説を行いたいと思う。



“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。