2014.01.13 16:08

2013年の年間収支公開〜回収率100%超指標は<馬体レーティングTOP>他複数

年始の◆福袋◆企画なども一段落したため、今回は、昨年の総括として、ブログおよびメルマガで行ってきた予想の収支を公開。

  ・印のベタ買いの状態(オッズリミット割れなど見送り対象も含む)
  ・資金配分は、原則均等買い
  ・ツイッター、ブログなど買い目公開も含む


【2013年度】 年間成績

メイン公開媒体

>馬体レーティングの完全公開〜メルマガ【無料版】
>馬体診断予想の完全公開〜メルマガ【完全版】


2013 馬体診断予想-公開全成績

【予 想】85R 【賭 け】43R 【見送り】42R
【年間回収率】106%


個人的に、ここ二年間は、三連式を狙うまでの資金プールがなかなかできず、かつ的中もないため、回収率が低迷気味。今年こそは、早い段階で回収率100%超を維持して、三連式狙い、かつ的中ができればと思っている。


2013 メルマガ【完全版】-公開成績

本命◎指名馬
【単回収率】63% 【複回収率】85%

単穴★指名馬
【単回収率】128% 【複回収率】169%

著者の予想スタンスは、完全な「穴党」。故に、<本命◎>指名馬は「あわよくば複勝圏内」といったタイプが多く、「単勝向きではない」のが成績にも顕著。

また、<本命◎指名馬>は単複共、回収率100%割れ。これはすべて「ベタ買い」での数値であり、実際は、予想した約半分1/2である【42R】は、レース単体で見送り。回収率の底上げには、「見送り」が非常に重要であることもわかる。

後、本命◎同等の評価の印としている「リスクは高いが、一撃一発を秘めた馬」を指名する<単穴★>は、「ベタ買い」でも単複ともに大きく回収率100%超。これは「見送り」を加味せずの数値で、その「一撃の破壊力」を物語っている。


馬体レーティングTOP馬 / 【 該当数 】84頭
【 勝 率 】20% 【 複勝率 】48%
【単回収率】98% 【複回収率】99%


馬体レーティングTOP馬 ※1番人気除く / 【 該当数 】57頭
【 勝 率 】14% 【 複勝率 】39%
【単回収率】111% 【複回収率】104%


<今走における馬体に限定した評価>を数値化した<馬体レーティング>。2013年の<馬体レーティングTOP馬>の回収率は、単複ともベタ買いの回収率で100%弱の数値は上々。

仮に、JRA発表の<公式レーティング>のTOP馬の場合、おそらく、年間回収率の数値は80%前後と、控除率を差し引いた、いわゆる「競馬の期待値」付近に収まるはずである。

つまり、

・JRA<公式レーティング>
・著者オリジナル<馬体レーティング>


この二つのレーティングを比較すれば、レースを予想する上で

△ 馬を<総合的に能力を評価>するよりも、
◎ 馬を<馬体限定で評価>するほうが、結果「ギャンブルの恩恵」が回収率の数値に現れる


これがよくわかっていただけるはずだ。

常日頃から、競馬で常勝するには、

▲「あらゆる情報を総合的に評価」するのではなく、
参考にする情報は、「唯一つがベスト」


と伝えている。

このオンリーワンな予想スタンスは、「予想」の世界にどっぷりと浸かっていると、この思考が受け容れ難いのは重々承知。が、「予想」と「ギャンブル」は理が全く違う。何とかそのあたり、強引にでも受け容れてもらいたいと思う。

更に、<馬体レーティングTOP>馬で1番人気を省く場合、回収率が100%超。これは、1番人気という「馬体以外でも、巷で高評価されている馬」を省くことで、より「馬体に限れば、高評価の馬」を抽出している状態。その回収率からも、

当馬体診断で、馬体は高評価だが、
一般的には、それほど評価されていない馬


この馬が「いかに期待値が高いか」がおわかりいただけると思う。


2013 総括

成績からも、『当方の情報の参考の仕方』としては

◆とにかく年間回収率100%超を最優先の方におすすめ
・予想の<単穴★>指名馬の単複ベタ買い
⇒(公開先)メルマガ【完全版】
・<馬体レーティングTOP馬(1人気省く)>の単複ベタ買い
⇒(公開先)メルマガ【無料版】 / メルマガ【完全版】

◆馬体限定で信頼高い馬が知りたい方におすすめ
・<馬体レーティングTOP馬>を参考※複勝48%&回収率100%前後
⇒(公開先)メルマガ【無料版】 / メルマガ【完全版】

◆各馬の純粋な「馬体の特徴や評価」を知りたい方
・馬体診断のコメントを参考〜公開先メルマガ【完全版】

◆本ブログ記事
・馬体評価の先行公開、他レース回顧や不定期な馬体ネタを知りたい方

こんな感じでしょうか。


ただし、注意として、現在公開している著者<オリジナルの指標>には、

「予想」の指標…<馬体レーティング>、<予想の印(本命◎★)>
「ギャンブル」の指標…<期待値Dダウン>



この二種の指標があり、どちらの指標も、「客観性」「一貫性」「有効性」「体系化」などを確立済とは言え、両者には「決定的な違い」がある。それは

「ギャンブル」の指標である<期待値Dダウン>は
買い続けると、絶対に常勝できない。※100%保証あり

「予想」の指標である<馬体レーティング>や<本命◎★>は
買い続けると、絶対に常勝できるとは言い切れず
あくまで、常勝できる可能性が高い。※100%保証無


これは、「予想」と「ギャンブル」、「リターン」と「リスク」の本質の違いがある故。その点をふまえて、メルマガなど参考にして頂ければと思います。


>馬体レーティングの完全公開〜メルマガ【無料版】とは
>馬体診断予想の完全公開〜【メルマガ【完全版】とは


2013予想的中一覧

中山金杯|◎タッチミーノット   |2人気 |1着
日経新春|★カポーティスター   |10人気|1着
フェブラリーS|◎ワンダーアキュート |7人気 |3着
中山記念|◎ナカヤマナイト     |2人気 |1着
阪 急 杯|◎オリービン         |11人気|3着
弥 生 賞|★ミヤジタイガ       |10人気|2着
フィリーズR|★ティズトレメンダス |11人気|3着
阪大賞典|◎ゴールドシップ     |1人気 |1着
阪大賞典|★フォゲッタブル     |5人気 |3着
毎 日 杯|★バッドボーイ       |3人気 |3着
高松宮記|◎ハクサンムーン     |10人気|3着
高松宮記|◎ドリームバレンチノ |2人気 |2着
ダービー卿|◎ダイワマッジョーレ |1人気 |2着
皐 月 賞|◎コディーノ         |3人気 |3着
新潟大典|◎ダコール           |4人気 |3着
新潟大典|★パッションダンス   |6人気 |1着
NHKマイルC|★インパルスヒーロー |6人気 |2着
ヴィクトリアM|◎マイネイサベル     |5人気 |2着
オークス|★メイショウマンボ   |9人気 |1着
 エプソムC|◎ジャスタウェイ     |3人気 |2着
CBC賞|◎ハクサンムーン     |2人気 |2着
函館記念|◎アンコイルド       |7人気 |2着
中京記念|◎フラガラッハ       |5人気 |1着
アイビス SD|◎ハクサンムーン     |1人気 |1着
 クイーンS |◎アイムユアーズ     |1人気 |1着
小倉記念|◎マイネルラクリマ   |1人気 |3着
小倉記念|★メイショウナルト   |3人気 |1着
札幌記念|★アスカクリチャン   |8人気 |2着
北九州念|◎ツルマルレオン     |6人気 |1着
新潟2歳S|◎ハープスター       |1人気 |1着
新潟2歳S|○イスラボニータ     |4人気 |2着
キーンランドC|◎フォーエバーマーク |4人気 |1着
キーンランドC|★シュプリームギフト |6人気 |3着
小倉2歳S|◎ホウライアキコ     |2人気 |1着
ローズS|★ウリウリ           |10人気|3着
ローズS|★シャトーブランシュ |9人気 |2着
スプリンターS|★マヤノリュウジン   |15人気|3着
毎日王冠|◎ジャスタウェイ     |6人気 |2着
凱旋門賞|◎オルフェーヴル     |1人気 |2着
凱旋門賞|★アンテロ           |不明  |3着
 秋華賞 |◎メイショウマンボ   |3人気 |1着
みやこS|◎ローマンレジェンド |1人気 |3着
東スポ2歳|★プレイアンドリアル |4人気 |2着
エ女王杯|◎メイショウマンボ   |2人気 |1着
阪神JF|◎ハープスター       |1人気 |2着
朝日杯FS|◎ショウナンアチーヴ |6人気 |2着

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー