2014.01.17 21:11

【競馬指標】 馬体レーティングとは

ランキング参加!モチベーションアップにご協力を
競馬ブログランキング
人気ブログランキング



馬体レーティングとは

馬体レーティング競馬指標
>馬体レーティングの完全公開は、メルマガ【無料版】

馬体レーティングとは

…「馬体写真」から独自相馬ロジックにより、「馬体限定」の今走への評価を数値化した指標。単位ポンド。

【MAX-MIX】 120p〜100p
【TOP平均】113p

【高評価の目安】 110p〜 ※予想の印を打てる目安


馬体レーティングの実績

馬体レーティングTOP馬 / 【 該当数 】84頭
【 勝 率 】20% 【 複勝率 】48%
【単回収率】98% 【複回収率】99%


馬体レーティングTOP馬 ※1番人気除く / 【 該当数 】57頭
【 勝 率 】14% 【 複勝率 】39%
【単回収率】111% 【複回収率】104%


2013年の<馬体レーティングTOP馬>は、単複とも「ベタ買い」の回収率で100%弱。更に、<馬体レーティングTOP>馬で1番人気を省いた場合、回収率が100%超。

これは、1番人気といった「馬体以外でも巷で高評価されている馬」を省き、より「馬体に限れば、高評価の馬」を抽出している状態

ズバリ、その回収率からも、

当馬体診断で、<馬体レーティング>はトップだが、
一般的には、それほど評価されていない馬


この馬が「いかに期待値が高いか」がおわかりいただけると思う。


馬体レーティングと公式レーティング

競馬のレーティングと言えば、まず、JRA発表の<公式レーティング>がある。
JRA公式のレーティングとは…競走馬の能力を示す客観的な指標となるもので、着差・負担重量・過去の勝馬との比較などをもとに、国際的に統一された基準により、数値化したもの。〜JRA公式HPより
そして、おそらくは、この<公式レーティング>のTOP馬の場合、単複ベタ買いの年間回収率は80%前後と、控除率を差し引いた、いわゆる「競馬の期待値」付近に収まるはずである。

つまり、この<二つのレーティング>を比較すれば、レースを予想する上で

△ 馬を<総合的に>評価するよりも、
◎ 馬を<馬体限定で>評価するほうが、結果「ギャンブルの恩恵」が回収率の数値に現れる


これがよくわかっていただけるはずだ。

常日頃から、競馬で常勝するには、

▲「あらゆる情報を総合的に評価」するのではなく、
参考にする情報は、「唯一つがベスト」


と伝えている。

このオンリーワンな予想スタンスは、「予想」の世界にどっぷりと浸かっていると、この思考が受け容れ難いのは重々承知。が、「予想」と「ギャンブル」は理が全く違う。何とかそのあたり、強引にでも受け容れてもらいたいと思う。


>馬体レーティングの完全公開〜メルマガ【無料版】とは
>馬体診断予想の完全公開〜【メルマガ【完全版】とは


2014福袋 1/31配布終了

「ミホノブルボンやエアグルーヴ、ダイワスカーレット」の馬体診断レポート入り
2014福袋完全版PR.gif
2014◆福袋-完全版◆とは

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー