2014.05.04 20:32

【天皇賞春】回顧〜フェノーメノ連覇も馬体からウインバリアシオンが無念でならぬ

重賞以外の馬体メモは、著者【最強の法則WEBブログ】で怒涛の記事更新b1blog.jpg

ランキング参加!モチベーションUPにご協力を
競馬ブログランキング
人気ブログランキング


【天皇賞春】回顧

馬体レーティング|馬体診断予想の結果


1着フェノーメノ(4人気)|110|見
2着ウインバリアシオン(3人気)|112|▲
3着ホッコーブレーヴ(12人気)|112|★
4着キズナ(1人気)|110|見
5着タニノエポレット(13人気)|113|◎

【馬体レーティング-公開先】 馬体優先主義【無料版】
【馬体診断予想-公開先】馬体優先主義【完全版】
※馬体写真なしで算出せず


馬体レーティングの回顧

【馬体レーティング】最下位グループ110のフェノーメノが連覇を達成。今年は、全馬が印を打てるレーティングレベルの110超と、馬体から非常に混戦ハイレベルだった。


馬体診断予想の回顧

今回、メンバー中最もステイヤー型の馬体タニノエポレットを本命◎に抜擢。13番人気5着と掲示板確保。予想でも善戦までかな、とみていただけに、無難と言えば無難だが、やはりこの馬は、≪3歳菊花賞≫で狙いたかった。

無論今回、この馬体をして、この仕掛けは明らかに遅い。が、一撃★指名のホッコーブレーヴが12番人気3着激走したので良しとする。


しかしながら、「馬体」からは、勝ち馬フェノーメノまでは、さすがに印が回らなかった。馬や関係者には完敗。脱帽です。

一方で、「博打」としては、今回の「フェノーメノは単勝は勝負すべきレートだ」と期待値診断で指摘。ここでフェノーメノの単勝を勝負した人は、ギャンブルをよくわかっているオオカミさんだろう。>【天皇賞春】期待値&オッズ考察(最終)〜競馬維新塾

最後に、ウインバリアシオンについて。馬体からみて、至極もったいないレースぶりだった。「致命的なミス騎乗」ではないが、この負けは、今後もう取り返しがつかない「致命的な敗戦」の可能性は高い。

本馬は、≪前走-日経賞≫のような適性一息な舞台で、「強気の競馬」ができるのに、≪今走≫のような適性ベスト(合う)舞台で、「無難に乗って」いる。本馬は、追えば追うほど伸びる馬体。「強気の競馬」で、もっと早く仕掛けていれば、突き抜けていたはずだ。確か、本馬は故障持ちだったはず。全く馬券を買っていないが、見ていて非常にははがゆく後味が悪かった。


次走への馬体展望

馬体から適性一息なステイヤー戦を、正直にしっかりと走ってきたレースぶりは悪くない。≪次走≫距離短縮の中距離戦ならば、安定した走りが期待できるのではないか。


以上、今回ステイヤー戦にちなみ、よくある

長距離向きの間違った馬体の見方とは?
これについて、以下、『著者競馬最強の法則ブログ』で解説




“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(2)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー
2014年 天皇賞(春)(GI)の予想結果と回顧〜(蛯名騎手騎乗のフェーノメノが天皇賞(春)を連覇)
【ブログ名】翼のインサイト競馬予想/【TB日時】2014-05-05 18:37
【記事概要】2014年 天皇賞(春)の予想結果と回顧をしてみたいと思います。 <<レース動画 結果と配
天皇賞(春)2014 結果 動画 優勝馬はフェノーメノ2着はウインバリアシオン
【ブログ名】中央と南関東は任せろ。日本の景気は任せた。/【TB日時】2014-05-06 04:25
【記事概要】5月4日京都競馬場11R第149回 天皇賞(春)。優勝はフェノーメノ。2着ウインバリアシオン、3着はホッコーブレーヴ。4番人気と3番人気、そして12番人気の決着で3連単の払い戻しは211,180円。武..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。