2014.05.11 20:29

【NHKマイルC】回顧〜ミッキーアイルではサイレンススズカの影すら踏めぬ

重賞以外の馬体メモは、著者【最強の法則WEBブログ】で怒涛の記事更新b1blog.jpg

ランキング参加!モチベーションUPにご協力を
競馬ブログランキング
人気ブログランキング


【NHKマイルC】回顧

馬体レーティング|馬体診断予想の結果


1着ミッキーアイル(1人気)|114|○
2着タガノブルグ(17人気)|108|見
3着キングズオブザサン(12人気)|−|☆
4着ロサギガンティア(2人気)|109|見
5着ホウライアキコ(5人気)|110|見

【馬体レーティング-公開先】 馬体優先主義【無料版】
【馬体診断予想-公開先】馬体優先主義【完全版】
※馬体写真なしで算出せず


馬体レーティングの回顧

【馬体レーティング】114で単独TOPのミッキーアイルが逃げ切りで5連勝達成。が同時に、【馬体レーティング】最下位108タガノブルグが2着と、馬体からみて無難とは言いづらい結果に。


馬体診断予想の回顧

今回、「1人気も対抗○に評価を落としたミッキーアイルの辛勝」と、「中距離型が激走するなら、せめてこのあたりの馬体に走ってもらいたい。」とした単独穴☆指名のキングズオブザサンの激走以外は、文句なしの予想ハズレ。


勝ったミッキーアイルについては、これまで何度も、「馬体」は素晴らしくとも、過去「レースパフォーマンス」がモノ足りないと指摘した通り。今回も勝つには勝ったが、「レースぶり」が今ひとつ。それでも「勝ち切る」あたりは、「持っている馬」なのだろう。

今後、ミホノブルボンやサイレンススズカのような、強い逃げ馬に育ってほしい。が、そもそも、名馬とは育つものなのか。この二頭は、G1馬になる前に、「強いレース」を一度は披露していた。ミッキーアイルの場合、これまで一度も「強いレース」がない。あくまで個人的な「レース診断」からの基準だが、とは言え、さすがに、この名馬二頭と比較するのは酷。予想を裏切ってほしいが。


余談だが、このミッキーアイル同様、先週のキズナにも感じるが、「名馬とは、巷が作り上げるものに非ず」 キズナはいい馬だ。それで十分。父ディープインパクト級の強さへの期待、そうした持ち上げは酷というか、無用に思う。


一方、2着のタガノブルグ。さすがに何度予想しようと、馬体からは狙えない馬。これでキングズオブザサンまでもが、中距離型のロサギガンティアに交わされていたら、…ぐうの音も出ない。改めて、「馬体はあくまで馬体でしかない」を痛感させられるレースだった。


以上、本命◎一撃★とも、かすりもしない結果。常に、「三振かホームランか」の一発狙いのスタンス故、しょうがないが、しかし今週は、NHKマイル以外の土日【馬体メモ】でも、ポテンヒット程度しか出ておらず、空振り三昧。

どうやら、先週までの好調の流れから、一気にドローダウンに入った感。が、変わらず一貫してホームランを狙っていくしかない。


次走への馬体展望

馬体からも指摘したが、純粋なSP勝負にはまだ厳しかったか。ただ、未完成な馬体で、≪今後≫じっくり鍛えた上でのローテーションが吉と出るとみる。




“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(1)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

おすすめ人気競馬ブロガー
2014年 NHKマイルカップ(GI)の予想結果と回顧〜(ミッキーアイル、5連勝でNHKマイルCを制覇)
【ブログ名】翼のインサイト競馬予想/【TB日時】2014-05-12 21:10
【記事概要】2014年 NHKマイルCの予想結果と回顧をしてみたいと思います。 <<レース動画 結果と