2014.11.26 00:32

【マイルCS】馬体回顧-本命◎グランデッツァ的中

【東スポ2歳S】も本命◎ソールインパクトで的中!↓↓↓b1blog.jpg


ランキング参加!モチベーションUPにご協力を


【マイルCS】 馬体回顧 ※一部

結果

1着ダノンシャーク(8人気)  |▲(112)
2着フィエロ(3人気)     |▲(111)
3着グランデッツァ(9人気)  |◎(未算出)
4着トーセンラー(2人気)   |○(112)
5着エキストラエンド(12人気)|☆(未算出)

12着ミッキーアイル(1人気) |見(112)
※(馬体レーティング数値)



馬体回顧

馬体展望でも述べた通り、今年も「3着までのうち、2頭が完全な【持続C型】で決着」と、馬体から無難な結果。

予想も、本命◎グランデッツァが3着、押さえ▲二頭の今走適性メンバー屈指としたダノンシャークが勝ち切り、ダノンヨーヨーと馬体が同じタイプと評した【万能N型】フィエロが2着。後、4,5着も対抗○と穴☆指名馬が好走と、ほぼ完全な予想的中となった。

しかし、フィエロは馬体のみならず、奇しくも、結果までもが、ダノンヨーヨーと同じ僅着2着。やはり、ダノンヨーヨー同様、重めパワー化のリスクがある造り故、今後の成績も似てくる可能性は高く、この2着は痛い。


また、元々の「馬体完成度の高さと仕上がりの早さ」を評価していた1番人気ミッキーアイルは、今秋、馬体の成長が無く、ライバルとの差が確実に埋まっていたため、最終的に軽視。本馬も、ワールドエースなどと同様、巷の人気は高いが、やはり、これまでのレースパフォーマンスがでは全くモノ足りない馬。大敗というよりも1人気に推されていること自体に無理がある。馬体はどちらも悪くないが。

後、馬体から抗いようがないグランプリボスの本命◎はほとんど縁起物。多少、全盛期よりもパワー化している分、そこそこの走りなのはしょうがない。とにかく、馬体から無事種牡馬になることを願っている。


今回、配信した予想バックナンバーより<馬体短評>を一部公開。

馬体短評

1着ダノンシャーク(8人気)  |▲(112)

2着フィエロ(3人気)     |▲(111)
フィエロは、実は、春先の馬体初見前に、成績を見てしまい「突き抜けそうな上がり馬らしいな」と感じた馬で、その意味では、実際の馬体は期待ハズレだった馬である。ただ、それもあくまで期待したレベルに対してのもので、牡馬らしい屈強な造りで雄大さも上々。ただ、安田でも本命◎など打たなかったように、パワーが強めの造り。いわゆる【万能N型】であり、完全な【持続C型】戦である東京・京都(外)では、何かに足元をすくわれる可能性がある。仕上がりももう一段残しており、そのリスクを払しょくできるほどの良さにはない。ここまでか。馬体からダノンヨーヨーと同じタイプと言えば、わかりやすいか。

3着グランデッツァ(9人気)  |◎(未算出)


12着ミッキーアイル(1人気) |見(112)
ミッキーアイルは、【持続C型】で今走コース適性は屈指。がやはり、危惧した通りというか、期待した「いい成長」が見られない。春と変わりなしだ。つまり、春の時点で評価した「馬体完成度の高さと仕上り屈指」という馬体アドバンテージが確実に同世代の馬相手には、その差は埋まっているだろう。今後も、前駆の造り、その全体バランスもこのまま変わらないか。明らかな筋肉量の増加が見られていないのがまだ救いだが、今走、春のお釣りと適性の高さでどこまでだろう。馬体的に、タガノグランパとの差など、明らかに埋まってきている。春、レースぶりも今後のいい成長期待込みでミスマッチと指摘してきたが、このまま前駆体高が伸びてこないようなら、先行でもいいが。そもそもこの軽さ、差しで活かせる上背があるようなら、ここでなくJCなどに出走できているか。仕上がりは良く、ここが最後の重い印となる気配。と、押さえ▲の予定だったが、W本命で押さえ四頭では、予想として見栄えが悪い。印削減に回す。


以上、次走注目として

馬体から「今走1600の距離は適性一息で負けるべくした敗戦」であり、「次走以降、1Fの距離短縮or延長で激変する可能性高い一頭」はこの馬……>人気ブログランキング

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
コメント一覧
コメントする
お名前: ※必須

ホームページアドレス:

コメント: ※必須

トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409572437

おすすめ人気競馬ブロガー