全記事一覧TOP > 競馬雑記
<< 1 2 3 4 5.. >>
2010.04.12 12:00

桜花賞と同じガチンコ勝負向きなマイラーズCに適性の高い馬体とは

毎週“ほぼ馬体写真による馬体診断のみで予想”と
予想時間はものの15分程度で完了する武虎です。


馬体・パドック派ランキングで奮闘中。
競馬ブログランキング(総合40位前後)


先週の桜花賞と同じ舞台、阪神競馬場外回りコース1600mで行われる
マイラーズCに適性の高い馬体について

マイラーズCレース条件

【 格 】G2
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝1600m
【 条件 】外回り、直線長い、急坂あり

マイラーズCの注目馬

馬体診断予想では、コース適性を

・中山・阪神向き
・東京・京都向き

と、予想の一貫性を保つため、あえてこの2つだけに分けて判断している。


ただ毎回述べているように、阪神競馬場の外回りコースだけは
そのコース形態から、少し異なる。


これは阪神競馬場が改修され、それにより外回りコースに関しては
コース形態から考えて、そこで求められる適性が東京コースに近づくという理由からである。


つまり、2種類のコース適性について厳密には

・中山・阪神(内)向き
・東京・京都向き

となり、阪神(外)については
中山・阪神(内)と東京・京都の両方の要素を併せ持つバランスが必要と判断。


おそらくその意味で、改装前の旧阪神コースで行われていたマイラーズCより
改修後の阪神外回りコースで行われるマイラーズCでは


その後の安田記念との関連が強くなるのではないか、とみており
より実力ガチンコ勝負向きとなり、パワーだけでなく、持続SPの裏付けも必要。


現時点ではパワーと持続SPに優れ、ガチンコ勝負向きと
約1年ぶりに狙い目到来のこの馬に注目→人気ブログランキングへ



“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2010.04.06 21:53

トリッキーな中山マイル戦 ニュージーランドTに適性の高い馬体とは

「桜花賞といえばファイトガリバーな」武虎です。


馬体・パドック派ランキングで奮闘中。
競馬ブログランキング(総合40位前後)


昨年の桜花賞のときにも書いた記憶があるが
武虎は牝馬のレースが苦手で特に桜花賞はその最たるもの


そう、冒頭のファイトガリバー以来馬券は獲っていない相性最悪のレース。
昨年は確か思いのほか馬体スケールを感じたアイアムカミノマゴを本命◎にしたが
しっかり撃沈。


まぁファイトガリバーの以来
オッズ的にも狙い目で、かつ馬体もずば抜けているような馬がいないのも確かだが…。


久々にファイトガリバーが勝った桜花賞を見直してみてた。


桜花賞1996 ファイトガリバー田原成貴


歳をとるとなんでも“今より昔が良かった症候群”になるもんだが
やっぱりここ数年の桜花賞とは、レースの雰囲気が違う。


改修前の阪神コースならではの、前半からのハイペースの競馬
いわゆる“魔の桜花賞ペース”というヤツが、レースに彩りをそえている。


桜花賞と言えば

前半の半マイル通過が○○秒!○○秒!!!

このお馴染みのセリフに、意味もなくクラシックの到来を感じて
“魔の桜花賞ペース”の意味合いもあって


直線なんかとんでもないことが!???
……なんてドキドキしていた記憶がある。


と、「昔はよかったなぁ」、なんて思うくらい今のコースでは
極端なハイペースも望みづらく、紛うれにくく、フェアなコースで
いわゆる強い馬が勝ちやすいレースに特徴が変貌している。


桜花賞は3歳牝馬という、人間で言うなら
“地球上でもっとも不可解な生物である女子高生”によるかけっこなだけに


その舞台となるコースも
今のフェアなコースよりも、改修前の阪神1600mのような
トリッキーなコースでどうせならやってもらいたい気がする。


と、すっかり桜花賞の話をしていたが、ここまで書いて
この記事は、な、なんとニュージーランドトロフィーの記事だったことに
今気づいた^^;


では、何事もなかったように中山競馬場1600mで行われる
ニュージーランドトロフィーに適性の高い馬体について


ニュージーランドトロフィーレース条件

【 格 】G2
【コース】中山競馬場
【 距離 】芝1600m
【 条件 】外枠距離損あり、直線短め、急坂あり

ニュージーランドトロフィーの注目馬

中山でも最もトリッキーなコースであり、当然“器用さや加速SP”の裏付けが高い馬がいい。
馬体スケールよりも筋肉バランスや直飛など、つまり『格より適性』を重視したい。


当ブログお馴染み、デビュー前にチョイスした馬体トップ3の一頭ニシノメイゲツ
実績は中山コースだが、馬体は明らかにアンチ中山な要素がかなりある。


そこで馬体は加速SPがあり、しっかりした造りで
スケール今ひとつも、このメンバーならソロソロ一発ありそうなこの馬に注目→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(6) | トラックバック(8)
競馬予想パドックルームtop
2010.04.05 17:56

魔の桜花賞ペースはすでに死語!?桜花賞に適性の高い馬体とは

「旧阪神コースの“魔の桜花賞ペース”が懐かしい」武虎です。


馬体・パドック派ランキングで奮闘中。
競馬ブログランキング(総合50位前後)


阪神競馬場外回りコース1600mで行われる牝馬クラシック第一弾
桜花賞に適性の高い馬体について

桜花賞レース条件

【 格 】G1
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝1600m
【 条件 】外回り、直線長い、急坂あり

桜花賞の注目馬

馬体診断予想では、コース適性を

・中山・阪神向き
・東京・京都向き

この2つだけに分けて判断しているが
以前も述べたように、こと阪神競馬場の外回りコースだけは、少し異なる。


これは阪神競馬場が改修され、それにより外回りコースに関しては
コース形態から考えて、そこで求められる適性が東京コースに近いという理由からだ。


つまり、厳密には中山・阪神(内)向きとなり、阪神(外)については
中山・阪神(内)と東京・京都の両方の要素を併せ持つバランスが必要。


馬体からは


持続スピードとパワーのバランスの良さ
また総合力(スケールや完成度)



を重要視したい。


改装前の旧阪神コースで行われていた桜花賞よりも
コース形態がより実力ガチンコ勝負向きとなり、レースに紛れが生じにくくなっている。


その意味で、最近は“魔の桜花賞ペース”というのも死語になりつつある。
現時点では馬体バランスよく今後オークスも期待できるこの馬に注目→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(10)
競馬予想パドックルームtop
2010.03.25 18:00

モンテクリスエスがすべてを物語る!マーチSに適性の高い馬体とは

競馬において

「予想理論やレース回顧といた“結果”に固執すること
その後の自らの予想理論に“ブレや期待、失望”を生じさせ
益々競馬で勝つことから遠ざかってしまう」

と確信している武虎です。


馬体・パドック派のランキングで奮闘中。
競馬ブログランキング(馬体・パドック派2位)


今週はドバイワールドカップに、G1高松宮記念他重賞が4つと
ただでさえ盛りだくさんだが、それにも増して


『馬券の買い方』における“期待値”を学ぶ絶好のレース
このマーチSと日経賞だろう。


特にマーチSでは、『馬券の買い方』だけでなく
『馬体診断』としてもわかりやすい馬モンテテクリスエスが登場!?と
ある意味“最重要レース”と言える。



もしあなたが今

馬券を買う上で
“期待値”をどう馬券に生かせばい
か?わからない

馬体を見る上で
“短距離向きと長距離向きの違い”がわからない



是非とも今週末配信予定の『マーチS関連のメルマガやブログ』は注目してほしい。
>メルマガPC登録はこちら
>携帯登録はこちら


少しは参考になるはずだ。
では、その前にマーチSに適性の高い馬体について

マーチSレース条件

【 格 】G3
【コース】中山競馬場
【 距離 】ダート1800m
【 条件 】内回り、直線短く、急坂あり

※今回から【馬体パーツ別一言コメント】は省略
(解説には不十分で、誤解をまねきやすいと判断)


マーチSの注目馬

まず何と言っても前走ダート替わりで激走したモンテクリスエス
馬体診断予想として、待ちに待ったダート替わりだったため


モンテクリスエスの単1本で、自信の予想&馬券をしとめることができた。
>2010 チューリップ賞・オーシャンS・仁川S 馬体診断予想


今回の中山ダートだが、基本中山も阪神(内)も同じ適正とみる。
東京・京都よりも、パワーと器用さが必要となってくる。


さて

モンテクリスエスは今回マーチSではどうなのか?」

それについては、コアな読者さんなら答えはわかるはずだが
くわしくは次回メルマガなどで書くとして


それ以外では、まだまだ馬体に見合った実績がなく
今後もっと活躍が期待できるこの馬に注目している→人気ブログランキングへ
(※またまた馬名書き忘れておりました23:20更新済み)


とはいえ、モンテクリスエスはこのマーチSと日経賞と両にらみ
この馬がマーチSに出てこなければ、意味がない!“期待値”どころではなくなるわけだ。


……


さぁ、モンテクリスエスよ!マーチSに出てこいやぁ!

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(2) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop
2010.03.24 22:50

ルーラーシップにリルダヴァルと注目の一戦毎日杯に適性の高い馬体とは

「ギャンブルでは、謙虚さは経験を凌駕する」と確信している武虎です。


馬体・パドック派のランキングで奮闘中。
競馬ブログランキング(馬体・パドック派2位)


皐月賞の最終東上便である
毎日杯に適性の高い馬体について

毎日杯レース条件

【 格 】G3
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝1800m
【 条件 】外回り、直線長い、急坂あり

※今回から【馬体パーツ別一言コメント】は省略
(解説には不十分で、誤解をまねきやすいと判断)


毎日杯の注目馬

馬体診断予想では、コース適性を

・中山・阪神向き
・東京・京都向き

この2つだけに分けて判断しているが
こと阪神競馬場の外回りコースだけは、少し異なる。


これは阪神競馬場が改修され、それにより外回りコースに関しては
コース形態から考えて、そこで求められる適性が東京コースに近いという理由からだ。

そのため、これまでの馬体診断予想でも

中山・阪神(内)向き


と、阪神コースに関しては、外回りコースは別モノとして
内回りコースに限定した書き方を所々している。


ということで、今回の毎日杯の舞台である阪神外回り場芝1800mでは
東京1800mに近い適性でかつ、阪神競馬場本来のパワーも必要と

つまり馬体から

コース適性だけでなく、スピードとパワーのバランスの良さ
また総合力(スケールや完成度)が必要



ただ今回毎日杯は馬体写真がなく
人気のルーラーシップは馬体を見たことが無い(見ても記憶に残っていない)。

他、リルダヴァルはデビュー前の馬体写真を
ギャロップのPOG臨時号で見た記憶があるので

気になる馬っぷりだったことは確かだが
それでも馬体抜群の2歳馬としてピックアップするに至っておらず
現状の人気ぶりからも、それほどの(好み)馬体には思えない。

と、この2頭をググって馬体写真などを探ってみたが


……ふむふむ、なるほど(@。@)y-゜゜゜


と、その評価は週末にでも時間があれば(苦笑


この2頭以外では、馬体から毎日杯で注目なのは
こちらのメルマガの記事で馬体診断した中の一頭だ。
↓↓↓
2010 共同通信杯G3 馬体診断予想
(※ヒント;現時点で完成度があり、“よーーーく鍛えられた”バランスのいい馬)

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(12)
競馬予想パドックルームtop
2010.03.23 23:16

桶狭間のスプリント戦!高松宮記念に適性の高い馬体とは

「ドバイワールドカップでブエナビスタが一皮むけるか」期待している武虎です。


馬体・パドック派のランキングに参加中。
競馬ブログランキング(馬体・パドック派2位)


ドバイワールドカップだけでなく
今週は興味深いニュース記事の見出しが、週刊ギャロップにあった。それがコレ
↓↓↓

ジャパンカップ招待馬の褒賞金対象を見直し


詳しい内容については後日時間があれば
書いてみようと思うが


この問題は一度昨年もブログのこの記事で取りあげているので
そちらを参考にしてもらえればいいかと思う。
>オペラ賞勝ちシャラナヤのレーティング119からわかる意外な真実


以前の記事からもわかると思うが
この“褒賞金対象の見直し”とは簡単にいうと


それまでばら撒いていた接待費
倹約しちゃおう
、ということ



これまで
とってもお役所体質極まりない気がするJRAさんも

・このジャパンカップの褒賞金対象見直しといい
・先日もちょっとふれたクレジットカードによる馬券購入
・新型馬券の五重賞単勝式馬券クイックピック
JRAプレミアムレースに見られる控除率の条件付き引き下げ(出し渋り)

昨今の売り上げや来場者数の減少に対し
いろいろと頑張っているのがうかがえる。


ただ、“接待費”などと書くとこの褒賞金自体が
なんだか黒いダークなイメージを抱かれるかもしれないが
決してそんなことはない。


高待遇の接待をして、いい馬を日本のレースに呼び込むこと自体いいことであるし
その費用面から対象を見直すことは、とってもいいことだと武虎は思う。


それよりも、よっぽど
新馬券の五重賞単勝式馬券やクイックピックのほうが黒い!


……


と、まぁ話がそれたが
今週の高松宮記念に適性の高い馬体とは

高松宮記念レース条件

【 格 】G1
【コース】中京競馬場
【 距離 】芝1200m
【 条件 】平坦、小回り、直線短い

※今回から【馬体パーツ別一言コメント】は省略
(解説には不十分で、誤解をまねきやすいと判断)


高松宮記念の注目馬

コース自体がフラットの1200mというスピードスプリント戦。
あまりコース自体に負荷が無い短距離戦であり波乱要素がある。

くしくも3連複を的中させた先週のファルコンSと同じ舞台でもあり
馬体も同じ見方で、東京・京都向きの重すぎないスプリンターが有力。


とはいえ、今回の高松宮記念は少しトーンダウン。理由は

今回是非とも馬体をもう一度見てみたいと思っていた
香港の大物外国馬セイクリッドキングダムの回避と

ずーーーと『馬体はG1級だ!』と豪語してきた
モルトグランデが不在だからだ。


さらに、ディフェンディングチャンピオンのローレルゲレイロはドバイ遠征で不在と
人気はアルティマトゥーレキンシャサノキセキに二分されそうだ。

そして馬体のタイプも人気同様
アルティマトゥーレキンシャサノキセキに二分される。


馬体から中山・阪神向きといったパワースプリンターでなく
中京コースは、東京・京都向きのスピードスプリンターに有利であり
当然この2頭で適性が高いのは→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(2) | トラックバック(13)
競馬予想パドックルームtop

真打ちロジユニヴァース登場!日経賞に適性の高い馬体とは

「馬体はあくまで馬体でしかない」を志す武虎です。


馬体・パドック派のランキングに参加中です。
競馬ブログランキング(馬体・パドック派2位)


ドバイワールドカップの日本馬応援サイトがオープンしている模様。
ドバイワールドカップ - 日本馬が世界に挑戦 | トップ | Yahoo!ファンクラブ


今週はこのドバイワールドカップ以外にも
桶狭間のスプリント戦であるG1高松宮記念もあり


その他重賞が東西で計4つも開催と
とんでもなく競馬ブログの更新がいそがしそうだ(苦笑


しかも、どのレースも馬体診断と馬券的にも興味深いレースである。
まずは、ダービー馬ロジユニヴァースが出走の日経賞にに適性の高い馬体について

日経賞レース条件

【 格 】G2
【コース】中山競馬場
【 距離 】芝2500m
【 条件 】コーナー6つ、内回り、直線短く、急坂あり

※今回から【馬体パーツ別一言コメント】は省略
(解説には不十分で、誤解をまねきやすいと判断)


日経賞の注目馬

長距離ながらコーナーが6つもあり、意外と息が入りやすく
馬体から他の競馬場と比べ、それほそ距離適性を考える必要はない。

それよりもむしろ勝負どころのコーナーでの加速といった
“器用さ”という中山へのコース適性が重要。


今回の出走馬では、馬体はいかにもワンペースな中山向きと言えばネヴァブション
ただ同馬は、馬体がアンバランスで常にG1では狙いを下げてきた馬。

一方で、馬体は骨量豊富でバランスよく素軽さ(SP)とパワー兼用の万能タイプで
常にG1など強敵相手でも狙いが立つと評価しているこの馬が。→人気ブログランキングへ
しかも同馬は、今回馬体以外でも注目すべきキーホースであると言える。

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(3) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop
2010.03.17 23:33

阪神大賞典に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「今日は勝っても負けてもナリタブライアンであります」という
おもいっきり“えこひいき”している杉本清の解説でこそ
阪神大章典のレースが哀愁漂ういいレース足りうると思っている武虎です。


ブログランキング奮闘中です(汗
競馬ブログランキング(馬体・パドック派1位)


その杉本清節炸裂の阪神大章典はこちら
↓↓↓

ナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ち 阪神大賞典


しかし、何度見ても3コーナーから仕掛けと直線の一騎打ちは素晴らしい


……


、直線確かに一騎打ちだが、
勝ったとはいえ、ナリタブライアンの往年の輝きとは程遠い走りに映り
なんとも言えぬ寂しさを憶え、それこそが逆に哀愁漂ういいレースたらしめている気がする。


さらに、実況杉本清アナが

1回「ナリタブライわん

って言っちまっているところも見どころの一つだろう。


久々見たブライアンとトップガン一騎打ち
個人的に武虎は、なぜかブライアンが故障して弱くなって帰ってきてから
ナリタブライアン、彼を好きになった。


故障前のまるでサラブレッドじゃないような暴君的な強さ
シャドーロールの怪物時代は、アンチブライアンだった。


なのでこのマヤノトップガンと首差といったガチンコ勝負になってしまう
全盛期の面影のないブライアンの走りこそ、大好きである。


と、思い出にふけるのはこのあたりで
今年の阪神大賞典に適性の高い馬体について

阪神大賞典レース条件

【 格 】G2
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝3000m
【 条件 】内回り、直線急坂あり

阪神大賞典に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】軽め
【 胸前 】軽く広め
【  肩  】深い
【背ライン】しなやか
【 トモ 】-
【 飛節 】-
【 つなぎ 】長くやわらかい
【 四肢 】長め
【バランス】前高

阪神大賞典の注目馬

長距離で急坂もあるため、ごまかしはききにくく、実力馬が実力通りに走ると言える。
ただ今年はG1馬がアサクサキングスのみで混戦必至。

そこで馬体からステイヤーとは言えないまでも長距離もOKで
バランスの良さと器用さがありそうな、この馬に注目→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(2) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop
2010.03.16 23:30

スプリングSに適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「たまに吉田拓郎の『落陽』を聞いて一人一杯やるのが好きな」武虎です。
↓↓↓



ブログランキング奮闘中です(汗
競馬ブログランキング(馬体・パドック派1位)


今週はいよいよ2歳チャンプの
ローズキングダムが登場といよいよクラシック到来。


では、中山競馬場芝1800mで行われる
スプリングステークスに適性の高い馬体について

スプリングステークスレース条件

【 格 】G2
【コース】中山競馬場
【 距離 】芝1800m
【 条件 】小回り、直線短め&急坂

スプリングステークスに適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】厚め
【 胸前 】厚め
【  肩  】-
【背ライン】しなやか
【 トモ 】上付き
【 飛節 】直飛
【 つなぎ 】-
【 四肢 】-
【バランス】水平

スプリングステークスの注目馬

先週の中山牝馬S同じコース。小回りコースで急坂と、加速SPのある器用なパワータイプが有利。そこで加速SPとパワーもまずまずで、馬体バランスよく器用さもありそうなこの馬に注目→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(7)
競馬予想パドックルームtop
2010.03.08 16:49

中山牝馬Sに適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「馬券の“期待値”を、好走が期待できる度合いだ」などと、勘違いしていることは
「馬刺しがサラブレッドの肉である」と、勘違いしているようなモノ。


なので馬券の“期待値”を勘違いしないように
と、最近こればっかり言っている武虎ですwww


ブログランキング奮闘中です(汗
競馬ブログランキング(馬体・パドック派1位)


正式にJRA公式HPに『ウォッカが引退』の文字が
…とっても残念だが、JCに続き2度目の鼻出血ということで、とにかくゆっくり休んでほしい。


個人的に思い出は、やはり馬券を獲ったダービーだが
その2歳からコンスタントに活躍、しかも牡馬と混じってG17勝という
その“丈夫さ”こそ驚嘆する。


お疲れ様、ウォッカ&関係者の方々。


では、中山競馬場芝1800mで行われる
中山牝馬ステークスに適性の高い馬体について

中山牝馬ステークスレース条件

【 格 】G3
【コース】中山競馬場
【 距離 】芝1800m
【 条件 】小回り、直線短め&急坂

中山牝馬ステークスに適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】厚め
【 胸前 】厚め
【  肩  】-
【背ライン】しなやか
【 トモ 】上付き
【 飛節 】直飛
【 つなぎ 】-
【 四肢 】-
【バランス】水平

中山牝馬ステークスの注目馬

小回りコースで急坂と、加速SPのある器用なタイプが有利。非力な牝馬限定ということで、パワーがある中距離馬の出走には注目だ。

現時点では加速SPに向く馬体のこの馬に注目→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(5) | トラックバック(8)
競馬予想パドックルームtop
全記事一覧TOP > 競馬雑記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。