全記事一覧TOP > 競馬雑記
<< 1 2 3 4 5.. >>
2010.03.01 23:27

弥生賞に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「“期待値”を無視した後手を踏む予想ほど、カッコ悪いモノはない」
と常に気をつけている武虎です。


ブログランキングのオッズ理論に参加中です
競馬ブログランキング(オッズ理論4位前後)


ようやく楽しみにしていたヴィクトワールピサの馬体を
初めてじっくり見れるので、少しテンションあがり気味です。


では、一先ず中山競馬場芝2000mで行われる
弥生賞に適性の高い馬体について

弥生賞レース条件

【 格 】G2
【コース】中山競馬場
【 距離 】芝2000m
【 条件 】小回り、直線短め&急坂

弥生賞に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】短め
【 胸前 】厚め
【  肩  】-
【背ライン】直線
【 トモ 】上付き
【 飛節 】直飛
【 つなぎ 】-
【 四肢 】-
【バランス】水平

弥生賞の注目馬

小回りコースであり、加速SPのある器用なタイプが有利であるが
前哨戦でかつ小頭数になる場合が多く、かつ一線級が参戦と


本番の皐月賞よりも実力馬が崩れるケースが少ない。


その意味で馬体から適正が低くても、この弥生賞では
実力にモノを言わせて勝ち負けするケースが多い。


ただ本番の皐月賞は同じ条件コースながら
弥生賞時より、頭数や実力馬が揃い
より中山の適性が求められることを憶えておくといいだろう。


ヴィクトワールピサという断然の存在が参戦だが
とりあえず同馬の馬体評価の前に


距離は微妙も中山適正が高いこの馬の走りに注目→人気ブログランキングへ



“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(6) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop

チューリップ賞に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

ここ2週連続メインレースにおいて
“期待値”が低いグロリアスノアシャドウゲイト


“期待値”が下がるため、基本“軸として買うべきでない馬”として
お手本ように吹っ飛んでいる。


今週のメインでも、おそらく“期待値”が下がる馬がいるはずだ。
その見極めは、成績をみればほぼ一瞬で可能。


と、ようやく最近この“期待値”について
ブログやメルマガでふれているのだが


ズバリ


競馬における“期待値”とは
単なるレースにおける好走期待度などでは決してない!



この“期待値”を“単なる好走期待度”などと
勘違いしていることは、例えるなら
↓↓↓


「カツオがサザエさんの息子だ」
と勘違いしているようなものである。



とにかく勘違いのままでは
万に一つも、競馬で勝ち続けることは難しいと思う。


……


と、まぁ知ってしまえばなんのことはない
成績を見ただけで、一瞬でわかるこの“期待値”について


しばらくスポットをあててみようと思う。


では、一先ず阪神競馬場芝1600mで行われる
チューリップ賞に適性の高い馬体について

チューリップ賞レース条件

【 格 】G3
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝1600m、外回り
【 条件 】直線長め&急坂

チューリップ賞に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】-
【 胸前 】厚め
【  肩  】深め
【背ライン】直線
【 トモ 】下付き
【 飛節 】-
【 つなぎ 】-
【 四肢 】-
【バランス】-

チューリップ賞の注目馬

改修後、トリッキーなコースから東京マイルのようなガチンコ勝負が期待できるコースになった印象で、『適性よりも格やバランス』を重視。

当然、注目はマイラーらしい馬体のこの馬→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(2) | トラックバック(8)
競馬予想パドックルームtop
2010.02.24 23:08

アーリントンCに適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「エスポワールシチーの代わりに俺がドバイに行って走ってやる!」
と息巻いている武虎ですw


ブログランキング踏ん張っております。
競馬ブログランキング(25位前後)


最近多忙のため、ブログでなく
ついつい気楽&リアルタイムのコミュニケーションが可能な
twitter(ついったー)にハマっております。


で、先ほどもそのtwitterを眺めていると
な、なんと


エスポワールシチーが年内は国内専念!!!?


というニュースならぬつぶやきがありました。


……

これぞ、“エスポワールショック”ならぬ
ある意味“ドバイショック” ToT;



ちなみに
このつぶやき元はこちらのまさみん@北海道さん
(その正否は、私武虎は確認しておりませんが)


確かにエスポワールシチーは
馬体もレースぶりも文句なしで、久々表れた“チャンピオン”らしい馬で


ドバイ断念はひじょーに残念ですが
こうしてtwitterを通じ、多くの方が
自分と同じように、残念な思いを抱いているのを知ることで


みなさん競馬が好きなんだなぁ~と
ごくごく当り前なことを実感でき、何だかいいもんです^^


twitterまだの方も、もうすでにされている方も
よかったらフォローしてください。
>武虎twitter


では書きかけのブログ記事
阪神競馬場芝1600mで行われる
アーリントンCに適性の高い馬体について

アーリントンCレース条件

【 格 】G3
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝1600m、外回り
【 条件 】直線長め&急坂

アーリントンCに適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】-
【 胸前 】厚め
【  肩  】深め
【背ライン】直線
【 トモ 】下付き
【 飛節 】-
【 つなぎ 】-
【 四肢 】-
【バランス】-

アーリントンCの注目馬

改修後、トリッキーなコースから東京マイルのようなガチンコ勝負が期待できるコースになった印象。同じパワー向きの中山マイルよりも、持続SPの裏付けはほしいところで、その意味で『適性よりも格やバランス』を重視したい。

馬体から首差しが長く、中山マイルよりも
この阪神マイルがよりベターはこの馬に注目→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(9) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop
2010.02.23 00:11

阪急杯に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「後手を踏む予想ほどカッコ悪いモノはない」と常に気をつけている武虎です。


最近多忙でブログランキング下降気味です。
競馬ブログランキング(4位前後)


阪神競馬場芝1400mで行われる
阪急杯に適性の高い馬体について

阪急杯レース条件

【 格 】G3
【コース】阪神競馬場
【 距離 】芝1400m、内回り
【 条件 】小回り、直線短め&急坂

阪急杯に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】太め
【 胸前 】厚め
【  肩  】-
【背ライン】直線
【 トモ 】-
【 飛節 】直飛
【 つなぎ 】-
【 四肢 】短め
【バランス】トモ高

阪急杯の注目馬

距離1400mと、ペースは1200のスプリントや1600のマイルよりも緩むため
G1などに必須の、スピードの絶対値の裏付けが多少低くても好走可能。


その意味で『各よりも適正』で好走可能で
小回りコース向きの★★★★による器用さと、急坂対応のパワーがポイント


★★★★→人気ブログランキングへ

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(2)
競馬予想パドックルームtop
2010.02.15 21:42

フェブラリーSに適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「後手を踏む予想ほどカッコ悪いモノはない」と常に気をつけている武虎です。


最近多忙でブログランキング下降気味です。
競馬ブログランキング(4位前後)


先週はかなり調子に乗って
本来なら見送りレースの馬券を買ってしまい


3週連続メイン的中とはならなかったが
おかげでG1前に冷静さを取り戻しております(苦笑


では、東京競馬場ダート1600mで行われる
フェブラリーSに適性の高い馬体について

フェブラリーSレース条件

【 格 】G1
【コース】東京競馬場
【 距離 】ダート1600m
【 条件 】複合カーブ、直線坂越え後平坦&長い、時計早め

フェブラリーSに適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】-
【 胸前 】-
【  肩  】深め
【背ライン】しなやか
【 トモ 】
【 飛節 】曲飛
【 つなぎ 】立ち
【 四肢 】長め
【バランス】前高

フェブラリーSの注目馬

ダート戦とはいえ、やはり東京競馬場でかつ直線も坂ありで500m以上と
一介の短距離タイプ(特に先行馬)では厳しくパワーよりスタミナの裏付けがほしい。

その意味で、芝からダートへ参戦するメンバーが数頭いるが
なかでも、マイル実績はあるが完全に前傾姿勢で短距離馬のそれである人気ブログランキングへ
馬体から雨でも降り高速トラックにでもならない限り、適性は低い。

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(2) | トラックバック(14)
競馬予想パドックルームtop

京都記念に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「予想の印と女の扱いは同じだ」
と肝に銘じている武虎です。


ブログランキングの上位進出
今ひとつ伸びを欠いております^^;
競馬ブログランキング


チョット注目している明け3歳の話を少し。


まずデビュー前馬体診断で高評価し
馬体レーティング牡馬トップ1のエクセルサス


どうやら放牧して青葉賞から始動し、ダービーを目指すようだ。
馬体から皐月賞が行われる中山2000mへの適性はかなり低く


個人的ににかなりグッドチョイスだと思う。


また先週は、デビュー前馬体診断で
まずまず高評価した一頭タマモアルプスがしっかりと勝ち上がり


その他クイーンCにも
デビュー前馬体診断で高評価した“牝馬の一頭”が出走と
いよいよクラシックづいてきて、とっても楽しみになってきた。


後、デビュー前に高評価した馬以外にも
先週のきさらぎ賞のレーヴドリアンは、非常に薄手で
同じ厩舎の先輩ブエナビスタとシルエットも似ている部分が多く


初めてみたレースぶりもよく
この馬はかなり走りそうという印象を受けた。


では、レーヴドリアンの先輩ブエナビスタが出走する
京都記念(京都外回り芝2200m)に適性の高い馬体について

京都記念レース条件

【 格 】G2
【コース】京都競馬場
【 距離 】芝2200m  外回り
【 条件 】外回り、3、4コーナー坂越え、直線平坦&長め

京都記念に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】長め
【 胸前 】素軽い
【  肩  】深め
【背ライン】しなやか
【 トモ 】下付き
【 飛節 】曲飛
【 つなぎ 】やわからい
【 四肢 】長め
【バランス】前高

京都記念の注目馬

当然東京・京都コースならこの馬⇒人気ブログランキングへ


今週のフェブラリーS馬体診断予想はメルマガにて
>メルマガPC登録はこちら
>携帯登録はこちら

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(2) | トラックバック(6)
競馬予想パドックルームtop
2010.02.08 22:56

ダイヤモンドSに適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「馬体レーティングNo1評価したエクセルサスの馬体は決してマイラーではない!」
と確信している武虎です。


最近多忙でブログランキング下降気味です(ToT)y-゜゜゜
競馬ブログランキング(40位前後)


くどいようだが、先週はデビュー前馬体診断で高評価した
牡馬トップ3の一頭エクセルサスが2勝目を上げ


今年こそは、馬体トップ評価した馬が
クラシックに乗ってくれるかもしれず


かなり浮かれております(苦笑


ちなみに今週は東京では
マラソンレースと言われるダイヤモンドステークスが行われる


が、その東京のお馬のマラソンレースよりも
人間が走る東京マラソンにこそ注目している


なぜ、東京マラソンに注目しているのか?


理由は、武虎のプロフィールを読んでいただければ
さっしがいい方は、おわかりいだけるかもしれない。


また、twitterでも
それについては言及している。


ついったーでは、たまにパドック前後に
怒涛のように馬体コメントをつぶやいたりしますが(苦笑


普段は適当に好き放題、つぶやいているので
よかったらフォローしてください。

↓↓↓
>TWITTERフォロー


ということで
話が逸れましたが


東京競馬場芝3400mで行われる
ダイヤモンドSに適性の高い馬体について

ダイヤモンドSレース条件

【 格 】G3
【コース】東京競馬場
【 距離 】芝3400m
【 条件 】複合カーブ、直線坂越え後平坦&長い

ダイヤモンドSに適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】長め
【 胸前 】素軽い
【  肩  】深め
【背ライン】しなやか
【 トモ 】下付き
【 飛節 】曲飛
【 つなぎ 】やわからい
【 四肢 】長め
【バランス】前高

ダイヤモンドSの注目馬

馬体から長距離馬に見合わない筋肉マンながら
その筋肉量だけは現役屈指のこの馬は信頼今ひとつ⇒人気ブログランキングへ


何気に先々週のグロリアスノアの3連単と先週のハンソデバンドの単勝1点と
2週連続馬券ゲットと調子が上向いている馬体診断予想はメルマガにて
>メルマガPC登録はこちら
>携帯登録はこちら

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(5) | トラックバック(8)
競馬予想パドックルームtop

きさらぎ賞に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「馬体レーティングNo1評価したエクセルサスの馬体は決してマイラーではない!」
と確信している武虎です。


最近多忙でブログランキング下降気味です(ToT)y-゜゜゜競馬ブログランキング


先週はデビュー前馬体診断で高評価した
牡馬トップ3の一頭エクセルサスが2勝目を上げ


今年こそは、馬体トップ評価した馬が
クラシックに乗ってくれるかもしれず


かなり春が楽しみです。


ちなみにここ2年の牡馬のデビュー前馬体トップ評価は
昨年のランフォルセ、一昨年のニシノエモーション


どちらもクラシックには乗れませんでした(涙


しかも今年はエクセルサスだけでなく
馬体レーティング牡馬トップ3の残り2頭


ニシノメイゲツエイシンナナツボシ
まだまだ期待できそうで楽しみです。


と、話が逸れましたが…


では京都競馬場芝1800mで行われる
きさらぎ賞に適性の高い馬体について

きさらぎ賞レース条件

【 格 】G3
【コース】京都競馬場
【 距離 】外回り芝1800m
【 条件 】3、4コーナー(上り)下り坂、直線平坦&長め

きさらぎ賞に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】素軽く長め
【 胸前 】素軽い
【  肩  】深め
【背ライン】しなやか
【 トモ 】下付き
【 飛節 】曲飛
【 つなぎ 】やわからい
【 四肢 】長め
【バランス】-

きさらぎ賞の注目馬

馬体から首差しが持続SPとパワーの裏付けが高く、中山などパワー勝負にも対応できるが
京都向きの持続SPを裏付ける飛節やつなぎを併せ持つこの馬に注目⇒人気ブログランキングへ


何気に先々週のグロリアスノアの3連単と先週のハンソデバンドの単勝1点と
2週連続馬券ゲットと調子が上向いている馬体診断予想はメルマガにて
>メルマガPC登録はこちら
>携帯登録はこちら

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(7)
競馬予想パドックルームtop
2010.02.01 22:15

共同通信杯に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「競馬で勝つためには、“情報”でなく知恵“にこそ金を払うべきだ」
と確信している武虎です。


現在当ブログの評価は?競馬ブログランキング


まず、一つ前のブログ記事
『今より回収率を10%アップするための馬券問題その(1) 』


これについての回答の前に
東京競馬場芝1800mで行われる共同通信杯に適性の高い馬体について

共同通信杯レース条件

【 格 】G3
【コース】東京競馬場
【 距離 】芝1800m
【 条件 】複合カーブ、直線坂越え後平坦&長い

共同通信杯に適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】素軽く長め
【 胸前 】素軽い
【  肩  】深め
【背ライン】しなやか
【 トモ 】下付き
【 飛節 】曲飛
【 つなぎ 】やわからい
【 四肢 】長め
【バランス】-

共同通信杯の注目馬

馬体から首差しや飛節など、随所に東京向きの要素があるこの馬に注目している⇒人気ブログランキングへ


『今より回収率を10%アップするための馬券問題その(1) 』
の回答については明日にでも

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(3) | トラックバック(4)
競馬予想パドックルームtop
2010.01.25 23:22

京都牝馬Sに適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

「競馬で勝つためには、“情報”でなく知恵“にこそ金を払うべきだ」
と確信している武虎です。


現在当ブログの評価は?
競馬ブログランキング


京都競馬場 外回り芝1600mで行われる。
京都牝馬ステークスに適性の高い馬体とは

京都牝馬S(ステークス)レース条件

【 格 】G3
【コース】京都競馬場
【 距離 】外回り 芝1600m
【 条件 】スタート後長いバックストレッチ、直線平坦

京都牝馬Sに適性の高い“馬体パーツ別”一言コメント

【 首差し 】素軽く長め
【 胸前 】素軽い
【  肩  】深め
【背ライン】-
【 トモ 】下付き
【 飛節 】曲飛
【 つなぎ 】やわからい
【 四肢 】長め
【バランス】-

京都牝馬ステークスと東京新聞杯の違い

京都マイルと東京マイルはコース形態から、小回りなどに必要な加速SPよりも、「トップスピードをいかに持続させるか」、その持続SPへの適性に傾く点はほぼ同じ。馬体診断予想でも、コースは中山・阪神に対して、東京・京都向きといったように東京と京都は基本1セットとしている。その意味で、適性のある馬体の特徴もほぼ同じと言える。

ただ東京コースは、コーナーが複合カーブであり、かつ直線も長く坂越えがあるため、若干京都コースよりも、距離適性が長めにシフトしている馬が有利と言えるだろう。仮に、持続SPあり、かつ距離融通性もあるスプリンターがこなしやすいのは、東京マイルより京都マイルのほう……そんなイメージだ。


東京新聞杯についてはこちら
>東京新聞杯に適性の高い馬体とは【馬体パーツ別一言コメント】

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(10)
競馬予想パドックルームtop
全記事一覧TOP > 競馬雑記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。