全記事一覧TOP > POG2歳馬情報
<< 1 2 3 -
2009.07.15 20:48

POGペーパーオーナーゲーム2009 馬体診断(6)

週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』と、その付録DVDで紹介されている約800頭の2歳馬の中から、武虎が気になった2歳馬を随時ピックアップ!して馬体診断。

POG2歳馬の馬体診断、第六回目(-。-)y-゜゜゜
今回は牡馬のおすすめ3頭

POG2歳馬情報 2009(6)馬体診断

ゴーンハリウッド

血統 牡馬
父ジャングルポケット
母ハリウッドレビュー(母父ノーザンテースト)
栗東・橋口弘次郎厩舎 兄姉/グリフィス
 これまでのPOG向け2歳馬の馬体診断で初登場のジャングルポケット産駒。首差しから背中のラインがきれいで皮膚も薄い。また父ジャングルポケット〜トニービンの血らしい、斜めで下付きの大きなトモと力強い飛節が特徴的で武虎の好みの形だ。き甲もまだまだ抜けておらず伸びシロもある。
 現時点では全体的に少し重心の低い長方形の馬体に映るが、このあたりは母父ノーザンテーストの特徴だろう。ただつなぎは父ジャングルポケット〜トニービンにしては立ち気味と言えるが、球節が大きくクラシックに向けての仕上げにも耐えうる地盤がありPOGでも十分楽しめそう。堅実に走ってきそうな雰囲気だが、大物感はそれほど感じない。

リディル

血統 牡馬
父アグネスタキオン
母エリモピクシー(母父ダンシングブレーヴ)
栗東・橋口弘次郎厩舎 近親/エリモシック
 ゴーンハリウッドと同じ橋口弘次郎厩舎の一頭。血統や厩舎からもPOGで人気だろうが、これまで見てきたアグネスタキオン産駒の牡馬では、“確実性”という意味では一番と言える馬体の持ち主だ。全体的にコンパクトな馬体ながら、アゴ張りもよく首差しの力強さも十分、き甲から肩にかけても窮屈な感じはなく前腕の筋肉量もなかなか、トモの張りもよく繋ぎが非常に柔らかそうで瞬発力を感じる。2歳馬としては各パーツの筋肉量は十分で、そのバランスの良さからもクラシックに向け仕上げが楽なタイプだろう。その意味でもPOG向きと言える。
 欲を言えば、少し胴伸びがほしくトモも上付きの形で武虎の好みではない。があくまでこの血統と厩舎の期待値からクラシックの超大物という評価としての物足りなさで、クラシックに乗れる素材としては十分の馬体だ。

コードゼット

血統 牡馬
父キングカメハメハ
母ヘヴンリーロマンス(母父 サンデーサイレンス)
栗東・松永幹夫厩舎 近親/シルクプリマドンナ
 天皇賞馬ヘヴンリーロマンスの初子で血統からもPOGで人気だろう。初子は発育などの点で敬遠される向きもあるが、コードゼットはなかなかしっかりした造りの馬体の持ち主だ。精悍な顔つきからも良血らしい走る雰囲気がある。
 立ち姿にバランスの良さがあり筋肉のメリハリもよくトモの大きさもまずまず。球節も大きくこれからしっかりと調教を積める下地も十分だが、少しき甲と肩の角度に窮屈さを感じる。今年の3歳馬で同じキングカメハメハ産駒のフィフスペトルと比較して、コードゼットの方が大物感や筋肉のつく容量の大きさは感じるが、コンパクトさと胴づまりな感じは似ている。とにかくこれからき甲が抜けて背丈が伸びたときに、首差しのバランスがどうなるか?そのあたりに注目だ。

エイシンナナツボシ

血統 牡馬
父クロフネ
母タイキミルフィーユ(母父 Devil's Bag)
栗東・未定 兄姉/エイシンベリー
 重たく硬い馬体の馬が多いクロフネ参駒のなかでも、とても柔らかみを感じる異色の馬体。首差しから背中トモまでのラインが非常にきれいで、皮膚の質感もいい。さらに首差しの伸びや胸前の大トモの幅も申し分なく繋ぎもやわらかい。
 これまでクロフネ産駒の活躍馬は牝馬が中心で牡馬がほとんど走っていないが、やはり牝馬のほうが素軽い馬体に出やすく、クロフネ産駒の良し悪しはいかに軽さがあるか?がポイントではないだろうか。そういう意味でもこのエイシンナナツボシは馬体からも柔らかみと伸びを感じるクロフネ産駒の牡馬として異色の存在で、クロフネ初の大物牡馬となり得る下地は十分。少し飛節の角度が深く、小回りなど瞬間的な脚が使えるタイプではないかもしれないが、広い東京・京都向きの武虎好みの馬であり、人気もないだろうしPOGで注目の一頭だ。


以上、次回POG2歳馬の馬体診断は、武虎が注目している今年の新種牡馬2頭の2歳馬をピックアップする予定

注目の新種牡馬は→ブログランキング
今後のPOG2歳馬の馬体診断予定の馬名リスト公開中→競馬ブログ・ランキング

にほんブログ村 トラコミュ 極秘競馬ブログへ
極秘競馬ブログ
にほんブログ村 トラコミュ 有力2歳馬情報へ
有力2歳馬情報
にほんブログ村 トラコミュ 第9回 アイビスサマーダッシュ(GIII)へ
第9回 アイビスサマーダッシュ(GIII)



“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2009.06.23 11:24

アグネスタキオン急死!残された今年のPOG2歳馬特集

久々びっくりのニュースが飛び込んできた
アグネスタキオン急死!……国内トップクラスの種牡馬アグネスタキオンが22日夕、急死したことが分かった。詳しい死因は不明だが、心臓まひとみられる。11歳だった。牧場関係者の
話では、けい養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)で種牡馬入り、8年目を迎えた今年も年頭から順調に種付けをこなし、シーズン終盤となった
今月も体調に異変はなかったという。(スポニチアネックス)より引用

……


おいおい、早すぎるだろう


 今年のPOG2歳馬の馬体をたくさんみてきたが、やっぱりアグネスタキオン産駒は一目で目をひく馬が多く、ポストSSもしばらくは盤石だと見ていただけに、とにかく残念だ。現役時代もわずか4戦で故障引退と強烈な強さを見せつつも早すぎる引退だっただけに、種牡馬としても同じような運命とは……。

プレイバック!アグネスタキオン全4戦

アグネスタキオン 新馬戦



アグネスタキオン 弥生賞




アグネスタキオン ラジオたんぱ杯3歳ステークス




アグネスタキオン 皐月賞




今週は宝塚記念だが、アグネスタキオン絡みのサイン馬券何かを考える不謹慎な輩がいるんだろうなぁ〜
まぁサインまでもなくディープスカイはアグネスタキオン産駒だが(-。-)y-゜゜゜



今年のアグネスタキオン産駒でPOGで穴馬的な2歳牡馬→人気ブログランキングへ
今年のアグネスタキオン産駒でPOGで穴馬的な2歳牝馬→ブログランキング

にほんブログ村 トラコミュ 第50回宝塚記念の勝ち馬予想へ
第50回宝塚記念の勝ち馬予想
にほんブログ村 トラコミュ POG 2009-2010へ
POG 2009-2010
にほんブログ村 トラコミュ 穴党の穴馬・競馬予想!へ
穴党の穴馬・競馬予想!

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2009.06.19 23:15

POGペーパーオーナーゲーム2009 馬体診断(5)

週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』と、その付録DVDで紹介されている約800頭の2歳馬の中から、武虎が気になった2歳馬を随時ピックアップ!して馬体診断。

POG2歳馬の馬体診断、第五回目(-。-)y-゜゜゜
今回は牝馬のおすすめ3頭

POG2歳馬情報 2009(5)馬体診断

ピサノロッセル07 現時点ナンバー1評価

血統 牝馬
父ステイゴールド
母ピサノロッセル(母父ブライアンズタイム)
栗東・加用厩舎 兄姉/エブリーブレス
 POG向け2歳馬の馬体写真を見てきた馬のなかで、現時点で最も馬っぷりがいい!と感じたのがこのピサノロッセルの07だ!。その血統や知名度からもPOGでは人気にならないだろうし、狙ってみておもしろいだろうし。また、現時点でナンバー1と言っても、これ以上の馬体の牝馬が他にゴロゴロいるとも考えにくいし、おそらく武虎の今年の2歳馬ナンバー1評価の牝馬と言っていい。
 ピサノロッセル07の馬体は、とにかく理屈抜きに一目見ていい馬だ!。特筆すべきバランスの良さが特長で、全体の馬体シルエットはまさしく名馬のそれ。個々のパーツも、顔から首差し〜背中〜腰のラインも美しく、胸前・肩の角度や上腕筋の大きさや張りなど、前駆もほどよく力強さがある。胴伸びもよく後駆のトモも張りや幅ともに申し分なく、かつ下付きで飛節までも力強く、直飛で球節の骨量も十分。繋ぎも大きく角度がありやわらかそうで、瞬発力の裏付けも文句なしだ!

 他の2歳馬と比較しても、いかにもサラブレットらしい造りである程度仕上がっている印象だが、き甲も完全に抜けておらず伸びシロもありそう。ハッキリ言って武虎には、この馬ピサノロッセル07の弱点が見つけられない。馬体評価は、ほぼ満点の99点だ!。……ちなみに1点減点は、武虎が評価を苦手とする牝馬だということのみ。順調さと気性面さえクリアすれば間違いなくクラシックに乗ってくるはずだ。


シーズンズベスト

血統 牝馬
父ゼンノロブロイ
母シーズアン(母父Zieten)
美浦・藤沢和雄厩舎 兄姉/ビーオブザバン
 この馬も残念ながら武虎苦手の牝馬だが、なかなかの馬っぷりだ。血統などからもPOGで人気にならないだろうし、ピサノロッセル07同様、POGの穴馬的存在だ。
 シーズンズベストの馬体は、少し首の位置が高く映るが、コンパクトな胸前や背中のラインからも、前駆にそれほど硬さが見られず、首の高さが逆に長所となるのではないか。トモの形も下付きで飛節までも力強く、今後仕上がりを順調にこなせる体質の強さも見える。ただ繋ぎは標準だが、少し全体的に筋肉の質が堅そうで、飛節も角度があり、爆発的な瞬発力といったイメージにはない。どちらかというと、ある程度先行して抜け出してくるような“レースが上手なタイプ”だろう。そういった意味でもコンスタントに実力を発揮しそうで、POG的に人気がなさそうだが堅実派でおもしろ味がある。


ニシノメルモ

血統 牝馬
父スペシャルウィーク
母ナドラ(母父 サドラーズウェルズ)
栗東・宮本博厩舎 兄姉/ニシノエモーション
 上記2頭とも牝馬だったので、今回は急きょ牝馬のみに限定。で、3頭目挙げるニシノメルモはとにかく馬っぷりに大物感がある馬だ。首差しから背中のラインが一見すると緩いくらいの曲線で、それに加えき甲が大きそうで、とても馬格の大きさを感じる前駆のつくり。後駆もトモの幅が大きく飛節も直飛で力強い。牝馬らしくない容量の大きな馬体で忙しい距離やレースには向かないタイプだろう。
 母父サドラーズウェルズという点などからも、ハッキリ言って牝馬だしPOG向きとは言えないが、POG馬体写真を見ていく中で、大物感を感じて血統を見てみると、何と!あの武虎お気に入りニシノエモーションの妹だったので今回あえてピックアップしてみた。

 ちなみにニシノエモーションは、昨年のクラシックで武虎が「馬体から最も大物だ!」、と評価した馬だが、つくづく自分の馬体の好みを痛感している。


今回ピックアップした3頭は、血統などからもPOGでそれほど人気にならないだろうが、巷の人気以上の馬体の良さを誇る馬たちだ(-。-)y-゜゜゜

以上、今週のマーメードSの馬体診断は明日の夜に

マーメードS出走の馬体から阪神コースでは買えない馬は→ブログランキング
武虎おすすめ!POG2歳馬情報 本日'09年6月18日に更新→人気ブログランキングへ ブログセンター

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop

POGペーパーオーナーゲーム2009 馬体診断(4)

週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』と、その付録DVDで紹介されている約800頭の2歳馬の中から、武虎が気になった2歳馬を随時ピックアップ!して馬体診断

POG2歳馬の馬体診断、第四回目(-。-)y-゜゜゜
今回は良血馬ばかりをチョイス

POG2歳馬情報 2009(4)馬体診断

サルヴェレジーナ

血統 牝馬
父アグネスタキオン
母アドマイヤハッピー(母父トニービン)
美浦・池江泰寿厩舎 兄姉/ウォータクティクス
 POGでもかなり人気で、確かにバランスも良く皮膚も薄く馬っぷりが目を引く一頭。無駄肉もなく、これといった弱点も見当たらない。首と肩のラインがハッキリしており、これ以上筋肉が大きく付いてくる感じはしない。完成度自体は高くPOG向きの馬だ。
 確かに悪くない馬だが、抜群にここいい!といったところがなく、大物感は感じない。デビュー以降大きく変わることもないのではないか。繋ぎは立ち気味でダートこなせそうだ。


パントクラトール

血統 牡馬
父キングカメハメハ
母ヴィクトリーバンク(母父ドクターデヴィアス)
美浦・松田博資厩舎 兄姉/サンヴィクトワール
 このパントクラトールも良血馬だが、キングカメハメハ産駒らしくない!というのでピックアップ。父の産駒は首差しが重かったり、胴づまりだったりと、今一つ素軽さがない馬が多く、それでいて父キングカメハメハほどの馬体の容量が大きい馬が出ておらず、全体的に父をコンパクトにした小粒な印象の馬が多い。キングカメハメハは種牡馬として、アグネスタキオンやネオユニヴァースのような、コンスタントにいい馬を出すタイプではなく、ウォッカを出したタニノギムレットにイメージが近いと武虎は見ている。
 つまりキングカメハメハが大物を出すとしたら、自身同様の見るからに筋肉の容量が大きい、骨量豊かな強靭なタイプか、全く正反対の馬だろう。パントクラトールは首差しや背中のラインがきれいで、牡馬にしては前後とも軽い造りで、キングカメハメハ産駒らしさがない!。父と馬体が正反対ということで、走れば大物の可能性は高いが、繋ぎの角度や肉付きからも、その可能性に賭けたい!とは武虎は思わない。


アドマイヤマスター

血統 牡馬
父ネオユニヴァース
母グッドゲーム(母父 Fly Till Dawn)
栗東・橋田満厩舎 近親/タイキルネサンス
 母方の血統がよくわからないが、旬のネオユニヴァース産駒。今年はロジユニヴァースがダービー馬となり走ったが、来年もクラシックに何頭かこのネオユニヴァース産駒は乗ってくるだろう。アグネスタキオン産駒とあわせて、馬体のラインやバランスの良さは、他の産駒の頭一つ抜けている印象を受ける。
 そうしたバランスのいい素軽い馬が多いネオユニヴァース産駒のなかで、このアドマイヤマスターの良さは異色と言えるかもしれない。強靭な首差しや大きなき甲、広い胸前などからも、素軽さよりも強靭さが目立つ。上体が力強さを感じる反面、繋ぎが深く柔らかそうで、力強さ一辺倒でない良さもありそう。バランスの良さをあまり感じづ、大物?には疑問だが、東京・京都向きでネオユニヴァース産駒でも意外性のあるタイプに映り、どんなレースぶりか注目したい。


マリスター2の07

血統 牡馬
父ネオユニヴァース
母マリスター(母父 Baldski)
栗東・平田修厩舎 兄姉/ベッラレイア
 今週マーメードSに出走予定の武虎が好きなベッラレイアの弟。この血統はどうやら美男美女らしい。何と言っても非常に従順そうな顔立ちがGOODだ。アゴ張りもよく皮膚の質感からも、内臓面と新陳代謝が良さそうで、しっかりと調教を積めれば成長してくるだろう。首差し胸前の形や大きさも理想的で、トモも十分大きさがある。少し背中のラインがへこんで映るが、これは背たれというより、2歳馬でき甲が抜けていない証拠だろう。完成度が低いというよりも、今後もう一段上背も大きくなりそうで、楽しみがあるととりたい。
 姉のベッラレイアは抜群の馬体だが、唯一四肢膝下の骨量に不安があったが、弟はそのあたりも問題ない。ただ蹄自体は薄く、姉同様雨はよくない。良血馬で無難だが無事なら走ってくるだろう。


今回はおすすめ!というよりもPOGで人気どころの血統馬をチェックしてみた(-。-)y-゜゜゜

以上、今週のマーメードSの馬体診断は次回に

マーメードS出走の馬体から阪神コースでは買えない馬は→ブログランキング
武虎おすすめ!POG2歳馬情報 本日'09年6月18日に更新→人気ブログランキングへ ブログセンター

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2009.06.10 20:28

POGペーパーオーナーゲーム2009 馬体診断(3)

週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』と、その付録DVDで紹介されている約800頭の2歳馬の中から、武虎が気になった2歳馬を随時ピックアップ!して馬体診断

今回で、第三回目(-。-)y-゜゜゜

POG2歳馬情報 2009(3)馬体診断

ワイドスプレッド

血統 牝馬
父ダンスインザダーク
母サマーベイブ(母父トニービン)
美浦・武市康男厩舎 近親/サマーサスピション、ローゼンカバリー
 POGというとやはりある程度、新馬勝ちに向くような短距離タイプの馬を指名する方が、結果早い時期から活躍できいいのかもしれないが、今回も短距離向きでないタイプのおすすめの一頭がこのワイドスプレッド。
 ワイドスプレッドの良さは、首差しからき甲までのきれいなラインと、胸前や肩の広さ、そして全体のシルエットからもわかる、アクションが大きそうな伸びのある馬体にある。忙しい距離よりも長い距離でこそ!といったタイプの馬で、長くいい脚を使える東京・京都向きの馬体だ。
 
 ただ牝馬自体、クラシックはレースの施行距離の関係やレース質から、こういった中長距離タイプよりマイラーの活躍が顕著なため、春つまりPOGの時期には苦しむかもしれない。筋肉の張りなどもまだまだで、決してPOG向きの馬体ではないが、それで走ってくるようなら、このワイドスプレッドは大物に育つ可能性大だ!


マイネギュゼル

血統 牝馬
父アグネスタキオン
母マイネメリアン(母父パントレセレブル)
美浦・伊藤伸一厩舎 近親/マイネルデュプレ
 今回の2歳馬POG馬体診断で、武虎が目をひかれる馬が最も多いのがアグネスタキオン産駒。「馬体を見れなくてもそんなことわかる!」というツッコミがありそうだが、「おっ、いいねぇ!」っと思った馬が、これでもか!というくらいこのアグネスタキオン産駒なのだ。
 巷のPOGで人気の馬の多くもアグネスタキオン産駒のいわゆる“良血馬”が多いので、あえてここでそうした“良血馬”を取りあげても意味がない。そこでピックアップしたのがこのマイネギュゼルだ。

 顔のバランス&雰囲気、細く伸びのある首差し、前腕上部の筋肉やゆとりのある背中のライン、トモの張りや柔らかそうな繋ぎに力のある球節、この時期として無駄な肉もなく、ある程度完成度も高くPOG向きな面もある。全体のバランスと少し飛節が深いか!?という点で桜花賞よりむしろオークスまで楽しめそうで、短距離での勝ち上がりに苦労するかもしれないが、軌道に乗ればクラシックに乗れるのではないか。ただ少しこの時期の2歳馬にしては無駄な肉が無さ過ぎともいえ、初戦からある程度動ける反面、勝てないまでも全く動かないようなら、その後も大きく変わることはないだろう。


トゥザグローリー

血統 牡馬
父キングカメハメハ
母トゥザヴィクトリー(母父サンデーサイレンス)
栗東・池江泰郎厩舎 近親/サイレントディール
 言わずと知れた“超良血馬”で、POGでも前回のPOG2歳馬馬体診断で取り上げたシャガールと負けず劣らずの人気だろう。武虎も実はパッと見!馬体診断していくなかで、目にとまった馬だ。
 武虎が感じたトゥザグローリーの良さは、その顔つきだ。おそらく現時点で見てきた2歳馬のなかで「最もハンサムだ!」と言えるくらいまずその“顔つき”に目がいった。その他にも、皮膚の質感やつなぎの柔らかさ、しっかりした球節、上付きで尾尻に力強さを感じるトモから直飛気味のラインなど、さすが“超良血馬”と唸らせるモノがある。

 確かに馬体からも、トゥザグローリーをPOG指名すればハズレはない!と思わせる下地は十分だが、「クラシックの主役となり得るか?」、と言えば、武虎はズバリNOと答える。理由はトゥザグローリーの首差しにある。
 トゥザグローリーは、首差しの顔側の付け根が太く、全体的に武虎が理想の首差しの形としている『細く・長く・太く』ではなく、同馬は『太く・短く・太く』の形をしている。こうした馬は首差しが上手に使えず、追って甘いタイプが多い。このウィークポイントは母トゥザヴィクトリーからきているのだろう。この一点以外は抜群の馬体だが、この首差しの一点が最大の弱点となるのではないか。



以上、今のところ武虎のPOG向けおすすめの2歳馬は、牝馬のピックアップが多いが、そのうち牡馬のおすすめ2歳馬をピックアップできればと思う。(-。-)y-゜゜゜

 武虎おすすめ!POG2歳馬情報 本日'09年6月10日に更新→ブログセンター 人気ブログランキングへ ブログランキング

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2009.06.03 19:46

POGペーパーオーナーゲーム2009 馬体診断(2)

週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』と、その付録DVDで紹介されている約800頭の2歳馬の中から、武虎が気になった2歳馬を随時ピックアップ!して馬体診断。

POG2歳馬情報 2009

とりあえず最初に、週刊ギャロップのPOGペーパーオーナーゲーム2009-2010『臨時増刊号』の表紙を飾っている話題の一頭をピックアップ

シャガール

血統
父ネオユニヴァース
母スカーレットブーケ(母父ノーザンテースト)
美浦・藤沢和雄厩舎 兄姉/ダイワメジャー、ダイワスカーレット
 POG特集の表紙を飾るにふさわしい血統馬だ。馬体はまず、横から見る顔付きが凛々しく、全体のバランスもこの時期としては申し分ない。四肢の骨量も豊かでバランスもよく、球節もしっかりしており、これからしっかりと調教を積めるだろう。トモと飛節の間の下腿骨付近にも力強さがあり、瞬発力を生む下地も十分。
 とにかくこの兄姉と同じで抜群の馬っぷりであるが、一点だけ少し首差しの伸びという点で、この時期にしては力強さが十分すぎる印象。兄ダイワメジャー姉ダイワスカーレットともに、首差しは力強さだけでなく、しなやかさが同居していた。それが両馬の走る上での先行馬としての抜群の推進力の源となっていたように思うが、その点でシャガールは少し窮屈な印象だ。ただ姉ダイワスカーレットの馬体が抜群すぎただけに、それと比較するのは少しかわいそうか……。

 まぁ粗さがし的な指摘なのは否めないが、武虎のへなちょこ相馬眼としては、『この時期の2歳馬の馬体を見る上で、多少筋肉がなく貧弱に映っても伸びがある馬の方が先々変わってきて楽しみがある』、と思っているので、その点では少し割引きだ。


ネオダンディズム

血統
父ネオユニヴァース
母ステファニーズホープ(母父JavaGold)
美浦・的場均厩舎 兄姉/イシノライガー
 今回の週刊ギャロップのPOG特集でパラパラをページをめくって最初に目についた一頭。同馬もネオユニヴァース産駒で意外性がないが、目についたのだからしょうがない。
 馬体は、首差しから肩、腰までラインもキレイでトモの大きさ張りともに抜群。胸前はそれほどでもないが、前腕周辺にはしっかりと筋肉が付いており、腹構えもどっしりしている。少し立ち気味の繋ぎや飛節の角度からも、抜群の瞬発力の持ち主!とはいかないかもしれないが、2歳馬離れした筋肉の付き具合などからも、仕上がりの良さでPOG向きと言えるだろう。単なる早熟ではない雰囲気もあり、うまくいけばクラシックも楽しめそうだ。


トゥエルフスナイト

血統
父キングカメハメハ
母シーザリオ(母父スペシャルウィーク)
栗東・角居勝彦厩舎 近親/イブキウッドマン
 近年ダイワスカーレットと並び、抜群の馬体を誇った牝馬のシーザリオの初子ということで注目してみた。顔つきもなかなかハンサムで、母譲りのしなやかな首差しが特徴的だ。背中のラインにも窮屈な感じはなく、トモも斜めで下付きに映り、飛節も直飛に近く瞬発力の下地はある。
 が、四肢や球節の骨量が乏しく映り、繋ぎも短く立ち気味と馬体の地盤に不満がある。全体的な肉付きもまだまだで、現状ではこれからビシビシ鍛えられるようには見えない。まだまだ背丈も伸びそうで、変わってきそうだが、クラシックに乗せる仕上げができるのか!?、POG向きか!?と言われれば、武虎にはそうは見えない。



以上、また暇があればピックアップしていこうと思う(-。-)y-゜゜゜

 武虎おすすめ!POG2歳馬情報<もうすぐ消します>3頭馬名公開中→ブログセンター 人気ブログランキングへ ブログランキング

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2009.05.19 05:52

POGペーパーオーナーゲーム2009の馬体診断(1)〜POG向け馬体の見方

現在、POG専用ブログをPOG2010-2011より新規立ち上げております。
>POG!JAPAN デビュー前2歳馬情報 馬体評価リスト


以下、過去記事となります。


ダービーが近づくと同時に、毎年この時期と言えばPOGペーパーオーナーゲームだろう

POGとは

POGを知らない!という読者のために、イチイチ解説はしないが


まぁ早い話

入んねぇけど、オーナー気分も楽しめる!という
武虎みたいな貧乏人には願ってもないゲーム(* ̄σー ̄)


つまり

Paper Owner Gameではなく
Poor Owner Gameという感じか!?


と、そんなことはどうでもいいが。


毎年ダービーが終わり、夏競馬の到来とともに、競馬の話題の中心となるこのPOG
熱狂的ファンも多く、馬券を買って楽しむギャンブル競馬とは、また違った楽しみがあるはずだ。


ちなみに武虎は、このPOGを……全くやんない(参加しない)
なぜなら


……


ズバリ……


面倒だから(VдV)


ただし、POG自体はやらないが


POG関連で出る雑誌は、必ずチェックするようにしている!


なんたって、馬体を見る“相馬眼”で馬券を楽しむ武虎にとっては
POG特集ほど、多数の“静止した立ち姿の馬体写真”を見れるチャンスは他にない。


しかも全てデビュー前の2歳馬。
馬体のみから原石を発掘する楽しみ、腕試しにはもってこいだ!


で、早速今『週刊ギャロップ』POG2009〜2010の臨時増刊号をゲットしてきた↑゜
今回、付録にDVDも付いており、合計なんと800頭あまりが掲載されている。


ここで、いきなりだが゜


もし、あなたが


……


……



                ,-‐,,ii||||||||||||ii、-、
 `゛!!!iiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;;,,,,,-‐/ i||||||||||||||||||||||||i ヽ‐-、,,,,,;;;;;;;;;;iiiiiiiiiiiiiii!!!"´
    '''''!!!!!|||||||||||||/   i|||||  |||||||||||||||||i   ヘ|||||||||||||!!!!!'''''
       ''''''''!!!!!I/   ||||||  ||||||||||||||||||   `iI!!!!!''''''''    /Vー-へノ\ノ\ノ\ノ\
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||!"   〈      ノV               \
─────----了     ゛!!||||||||||||||!!"     `ヽ---─く
 |    |    | `ゝ.__       ̄Y ̄     ___ノ   ノ
 |    |    |  ,| ]下ミ ̄`。、_|_;'。´ ̄7エ"┬| |  ノ  馬体ってヤツを!!!!!!
 |    |    |  |└、 トミミi─'´<_,l、三´,E=|#ナノ |  )
 |    |    |  | | `ヽトミ||^=====^|E彡/  ' | | |<   見れるようになりたぁーーーい!!!!!
、 |    |    |  | | ーヾミ||]⌒i⌒「|ソ‐'-─/ / |  )
  ヽ、  |   /^‐━, \_ `、`===='',/  _/ /\ |  └、
    ヽ、 | /ノ―、='、 \_二二`─´二二_/    \   Vヽ
      ヽ/´ /  / ̄`i、    ̄|| ̄        / \    ヽ/ ̄ ̄ヽノ⌒Vー-、/⌒V
      ノ  丿   l   | `i---┼-----------'´
      |   〈 l   〈 〉  |
      ゝ         ,/


というなら


今すぐこれを買え!



ただこの雑誌を買って、なんとなくと見るのもいいが
せっかく800頭も掲載されている雑誌を手にするわけだから


「これっぽっちも“馬体”の見方がわからない!」


という状態で“馬体”を見ていくより、最低限『馬体の見方』のポイントを押さえれば
この1冊を見終わった時に、いわゆる競馬場などでパドックに群がっている、
馬体なんか見れちゃいない“なんちゃってパドックヤロー”とは、もう雲泥の差ができているはずだ。


……


もう、その差ときたら


……


……


北斗の拳に例えると

アミバとトキ


ドラゴンボールに例えるなら

クリリンとフリーザ

これほどの違いだ!


……


……例えが古く、申しわけない(苦笑


とにかくこの際、簡単に『馬体の見方』を紹介しておこうと思うが
その前にまずは黙ってこの3頭の馬体をチェックしてほしい。


馬体写真A     馬体写真B     馬体写真C


どの馬も抜群の馬体の持ち主


こうした“理想の馬体の形をよーーく目に焼き付けた上”
次に武虎流、超簡単『馬体の見方』を紹介していこう。

武虎流POG向け超簡単な『馬体の見方』

※あくまでPOG向けです。★は重要視する目安
  1. 顔 ☆☆
  2. 首差し ★★★
  3. トモ ★★★
  4. 飛節 ★★
  5. 全体のバランス ★★★

馬体を見るポイント#1〜顔

目をまず見る。人間と同じ切れ長よりも丸くて澄んだ瞳がGOOD。
牡馬牝馬限らず、“かわいい目”の馬を選べ!

※写真が小さいので、あくまでなんとなくでOK

馬体を見るポイント#2〜首差し

顔側が細く、胴体に近い部分が太い首がGOOD
短いのよりも“ツル首”で長い馬を選ぼう。

※パッと見て三角形の首差しを選ぼう。

馬体を見るポイント#3〜トモ

この時期は張りは見なくていい。それよりも大きさが重要。
水平に“トモの幅が広い”馬を選ぼう。

※トモはスピードの絶対値の証明。大きければ大きいほどいい。

馬体を見るポイント#4〜飛節

角度が浅い直飛で、パッと見て飛節付近が目立つような
“大きく長い飛節”の馬を選ぼう。

※ヒョロっとした飛節でなく、骨格が浮き出ているくらいの骨太がいい。

馬体を見るポイント#5〜バランス

最後に、最も重要なのがこの馬体全体のバランスを見た“直感”
バランスのいい馬は、必ず誰が見てもいいと感じるはずだ!


本来、人間の脳はもともと“黄金比”と呼ばれる美しいバランスの比率を
無意識に見分けられるようになっている。

つまり、馬体を見て「バランスがいいのか、わるいのか?」、を迷った馬でなく
「バランスがいい!」、とあなたが意味もなく自信をもった馬のなかにこそ
バランスのいい馬はきっといるはずだ。


馬体を見るポイント〜まとめ

トモや飛節の場所、それらの特徴といった馬体の基本構造など、『基本的な馬体の見方』については、機会があれば書いていこうと思うが、とりあえずわからない方は、ネットで“ググれ”ばいいだろう。

ちなみに武虎は、POG特集など『たくさんの馬体からいい馬を選び出す作業』では、まず最初に決して1頭1頭じっくり馬体を見ないようにしている。大体1ページに数頭写真が掲載されていると思うが、その1ページを全体を瞬間的にみて、ピンときた馬にだけ、個々の馬体を細かく見ていく方法をとっている。


以上、随時POG特集の2歳馬でPICK UPした馬を
紹介してみようかなぁと思う。(-。-)y-゜゜゜
↓↓↓

追記;実際に、この『週刊ギャロップ』POG臨時増刊号から
馬体のみでピックアップしたの馬たちは、以下記事にて
>POGペーパーオーナーゲーム2009馬体診断<牡馬牝馬トップ5近況>


ちなみに質問。

今回紹介した写真の馬は誰でしょう?


……


正解馬名は、自分で探してね♪

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
2008.06.20 21:39

POG向け2歳馬情報〜2008メイクデビュー夏競馬

今週からいよいよ2歳新馬戦がスタート
それに向けて、『週刊ギャロップ』でもPOG特集として、“注目の2歳馬”として、特集が組まれている。


がしかし……

週刊ギャロップさぁ〜ん!せっかくたくさんの若駒の写真を掲載しているのに

調教中のギャロップ(走っている)写真など、どれも斜めからのアングルのものばかりで
せっかくたくさん馬体写真が載せても、キチンと馬体診断しづらいものばかり!

走っていてもいいから、極力真横から映していてほしいなぁ〜

非常に残念!!!(ある意味ギャロップらしいが)


と愚痴ってもしょうがないので、さっそくチェックしてみたところ
たった31頭だけでも、「おっ!」という馬がいたので、このトピックスを立ち上げてみた。


ちょっとここで、“馬体を見”るときのポイントを紹介すると

ズバリ


ただ馬を見る!(@_@)


一切の活字には、目を向けずに、ただ写真だけ観ること!!!

これに尽きる(-。-)y-゜゜゜

絶対に名前や、血統などの情報を先に仕入れてはいけない!!!


その理由として
自分の馬を観る、相場眼において、自分なりの一定の基準を、馬体のみから感じれるようになること、このためである。

なので、変なコメントや血統などの先入観は一切不要!

「なんとなくいいなぁ〜」といった最初の印象なども大事です。


と前置きが長くなりましたが
今回、「おっ」、と感じた一頭を紹介。

名前 “ ランフォルセ”
  • 顔GOOD
  • 全体の雰囲気GOOD
  • 首差し太すぎずGOOD
  • 肩先から胸前GOOD
  • 背中のラインとトモ、四肢は少し観づらい

真横に映っていた、良さそうな馬体のワールドカルティエが、斜めからのアングルで、「良さそうな馬なのに観にくいいなぁ」と思ってたところ、目に飛び込んできたのが、この馬!!!

しかも、偶然にも、自分でいい馬体多いなぁ〜と評価しているシンボリクリスエス産駒

さらに、なんと!ギャロップの記事読み進めてみると

今年馬体的に、注目していたノットアローンの弟というではありませんか!


……


つくづく、馬の好みの偏りを痛感。(ーー゛)

ただ、手足が長く、結構スマートで華奢な兄と比べ
弟のほうは、いい意味でコンパクトでパワーも感じる

期待したいと思います。


残りの30頭に関しては、うーむ
ワールドカルティエ、ウインスカイハイ、この2頭の馬体
じっくり観てみたいですが……。


『若駒のパドック馬体診断のコツ』

古馬は、筋肉の張りや毛づや
若駒は、骨格やバランスなど、シルエットやフィーリング

これを重視してみるのがコツだ(-。-)y-゜゜゜

“競馬ブログランキング”参加中!  人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

“馬体と競馬ギャンブル”の常識を覆す!競馬情報配信中 >メルマガ登録

  コメント(0) | トラックバック(0)
競馬予想パドックルームtop
全記事一覧TOP > POG2歳馬情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。